LINEMOで2回線目はお得!!キャンペーン・注意点・メリットをザザっと紹介

LINEMOで2回線目を契約すると3,000ポイントのプレゼントキャンペーンがあります。

2回線目は、契約情報を流用してサクッと契約が可能です。

2回線目を検討中のLINEMOユーザーの方もいるのでは。

本記事では、LINEMOを2回線契約するメリットや注意点、キャンペーン情報をザザっとお伝えします。

ちなみにLINEMOでは
PayPayポイント プレゼントを実施中
  • スマホプラン:10,000円相当のポイント還元

LINEMOを2回線契約するメリット

まずは、LINEMOを2回線契約するメリットを見ていきましょう。メリットは大きく3つです。

LINEMOを2回線契約するメリット
  • 2回線目のためのキャンペーンがある
  • 2回線目は契約情報の入力が半分で済む
  • 2回線目も契約手数料は0円

2回線目のためのキャンペーンがある

LINEMOで2回線目を契約すると以下のキャンペーンがあります。

契約者向け!追加申込キャンペーン

LINEMOで2回線目を契約で3,000円分のPayPayポイントをプレゼント

対象:新規契約、他社から乗り換え(MNP)
対象プラン:ミニプラン、スマホプラン
付与時期:開通日の属する月の5カ月後の上旬

また2回線目も以下のキャンペーンが適用できます。

通話オプション割引キャンペーン2

5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」(550円/月)が6か月間無料

期間:2023/8/17~終了日未定
条件:キャンペーン中に新規契約、他社から乗り換え、ソフトバンクまたはワイモバイルからの乗り換えで契約すること。

5分以内の通話がかけ放題のオプションが6か月間無料で使えます。通話料がしっかり節約できます。

2回線目は契約情報の入力が半分で済む

2回線目の申し込みでは、1回線目の契約情報を利用するため、入力が半分以下で済みます。

めちゃくちゃ楽に申し込みができるわけです。

eSIMなら最短1時間での開通もできます。

2回線目も契約手数料は0円

1回線目と同様に、契約事務手数料は0円です。

契約にあたって費用は基本かかりません。

このあたりは、他で契約せずに、LINEMOで2回線目も揃えてしまう理由になりそうですね。

2回線目はどんな時に便利に使える?

LINEMOの2回線目の便利な使い方は、例えば以下。

2回線目はどんな時に便利に使える?
  • 子ども用の回線が安く契約できる
  • タブレット用の回線に使う
  • 電話番号を2つ持つ

子ども用の回線が安く契約できる

子ども用の回線を、LINEMOユーザーの親名義で契約するときは、つまり2回線目としての契約となります。

LINEMOは月額990円~の安くてシンプルなプランが魅力。子どものスマホにもおすすめです。

なお、スマホ端末の販売はありませんが、自宅に眠っている余りのスマホを使えば機種代金も0円になります。

有害サービスから守る「フィルタリングサービス」もしっかり提供されているので安心して利用できます。

タブレット用の回線に使う

セルラーモデルのiPadやタブレットなどに挿すSIMカードの契約にも、LINEMOはおすすめです。

LINEMOは、ソフトバンクの自社サービスとして、ソフトバンク回線がそのまま使えるのが強みです。

いわゆる格安SIM(MVNO)に比べると通信速度が速めです。

  • ソフトバンク:100.96Mbps
  • LINEMO:76.3Mbps
  • IIJmio:43.89Mbps
  • mineo:42.57Mbps
  • 日本通信SIM:48.4Mbps

参照:みんなのネット回線速度より 直近3ヶ月に測定された通信速度(2023/11/08時点)

月額990円の格安SIMの料金帯で、この品質のサービスが使えるのは、やはりメリットがあります。

スマホとタブレットで回線を揃えてしまうと、管理も楽ですよね。

▼ちなみにマニアックですがモバイルルーターの回線にする使い方もあります。詳しくは以下の記事で解説しています。

LINEMOで格安ポケットWi-Fiルーターを作る方法!機種本体の入手方法も解説

電話番号を2つ持つ

2つの回線を契約すれば、電話番号を2つ持てます。

SIMカードを2枚セットするデュアルSIMで使えば、1台のスマホで2つの電話番号を持ち歩けます。

20GB+20GBで使えば、40GBの大容量での使用も可能です。

「20GBだと少し足りないかな…」という人は、スマホプラン×2の運用は選択肢ですね。

LINEMOで2回線以上使うときの注意点

LINEMOで2回線以上使うときの注意点は以下の3つです。

LINEMOで2回線以上つかうときの注意点
  • 同一名義で契約できる回線は5回線まで
  • 毎月の利用料金は契約回線ごとに請求される
  • グループ内の移行がキャンペーン対象外
  • 目玉のキャンペーンは適用できない
  • LINEMO×2のデュアルSIMはLINE連携が不便

同一名義で契約できる回線は5回線まで

LINEMOで同一名義で契約できる回線は5回線までです。

たくさんLINEMOで回線を利用しようと考えている人は注意しておきましょう。

毎月の利用料金は契約回線ごとに請求される

毎月の利用料金は、まとめてではなく、契約回線ごとに請求されます。

クレジットカードの請求も分かれることになるので、見落とさないように注意しましょう。

ソフトバンクなどからの移行はキャンペーン対象外

2回線目に適用できる「契約者向け!追加申込キャンペーン」は、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗り換えが対象外です。

ソフトバンク、ワイモバイルからの移行は契約情報が引き継げて、簡単な手続きで乗り換えできるのが大きなメリット。

乗り換えの手間をとにかく減らしたいなら、ソフトバンク、ワイモバイルからの移行もメリットがあります。

目玉のキャンペーンは適用できない

2回線目では「おトクすぎて、あぁ、も〜〜キャンペーン(最大10,960円)」は残念ながら対象外です。

こちらはLINEMOが初めての人限定のキャンペーンです。

「契約者向け!追加申込キャンペーン」と併用することはできません。

LINEMO2回線のデュアルSIMはLINE連携が不便

LINEMOでは、LINEと連携して以下の機能が利用できます。

  • LINEで請求額の確認
  • LINEでデータ量の確認
  • LINEでデータ量の追加購入
  • LINEでご契約内容の確認
  • LINEで問い合わせ

LINEMO×2のデュアルSIMで利用する場合、LINE連携を2回線目でつかうために、LINEの再ログインが必要になるとのこと。

機能を利用するたびに再ログインは現実的ではないので、事実上1回線目しかLINE連携が使えない状態になりそうです。

ちなみに上記の機能はいずれもWeb上のMy Menuにアクセスすれば利用できます。少しだけ不便という話です。

LINEMOの2回線目を申し込む方法

申し込み方法は1回線目と同じです。

LINEMO公式サイトから申し込みを進めていきましょう。

15:00までに審査完了した場合、最短当日でSIMカードが発送されます。

eSIMの場合は、最短1時間で開通ができます。

LINEMOで2回線目を契約した人の口コミ・評判

やはりキャンペーンを狙ってLINEMOの2回線目を契約する人が多い印象です。

契約するタイミングによってはポイントの増額も確認できます。せっかく2つの回線を契約するなら、キャンペーンはあった方がお得ですよね。

まとめ

LINEMOで2回線目を契約すると、3,000ポイントプレゼントのキャンペーンがあります。

2回線目は子供の回線、タブレット用、電話番号2つのためなど便利に使えます。

サクッと2回線目が欲しい人は、同じLINEMOで契約を済ませてしまうのがおすすめですね。

LINEMOは1万円分のPayPayプレゼント

LINEMO10,000円
PayPayポイントプレゼントを実施中
スマホプランで10,000円相当プレゼント
  • スマホプランに乗り換えで10,000円分のPayPayポイント