現在人気を集めているLINE Payですが、まだ利用していない方はLINE Payがどんなものか気になっていると思います。

今回はLINE Payの払い方・オートチャージ方法や、LINEモバイルの支払いにも使えるという内容に解説します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINE Payの基礎知識

LINE Payとはスマホ決済サービスのこと

LINE payは飲食店、コンビニ、雑貨店などでお金を支払う際に利用できます。お店でのQRコード決済だけでなく、オンラインショッピングでも使えるスマホ決済サービスがLINE Payです。

LINEの友達同士でお金を送金も可能で、銀行やコンビニから振り込む手間がなくて非常に便利です。日本国内で、約8,000万人がLINE Payを利用しています。LINEが運営しているキャッシュレス決済アプリで人気を集めています。

LINE Payが使える店舗やサービスは多い

LINE Payが使える店舗やサービスはとても多く、現在も使える店舗が増えています。コンビニエンスストアでは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セコマ・ポプラで利用可能です。

コンビニ以外にも、ドラッグストア・スーパーマーケット・家電量販店・リサイクルショップ・ファッションブランド店・・居酒屋・レストランなど幅広い分野の店舗で利用できます。

サービスも多く、入金や送金の手数料がいつでも無料です。お金を送金するので面倒ですが、LINE Payならすぐに送金が可能で、スタンプやメッセージも添えることができるので便利です。

LINE Payには割り勘機能もあり、飲み会などでの支払いを均等に行えます。LINEアプリの「ウォレット」から「割り勘」をタップしてグループを作ります。次にQRコードを作成して、友達がQRコードを読み取れば簡単に割り勘ができます。

LINE Payなら最大2%還元の「マイカラー」制度がある

LINE Payには、「マイカラー制度」というものがあります。マイカラー制度とは、月々の利用決済額に応じてポイントが付加されるインセンティブプログラムのことです。

インセンティブプログラムは、ホワイト・レッド・ブルー・グリーンの4色に分けられます。カラ―は前月の決済額に応じて決まるため、月ごとに変更されます。

マイカラープログラム

    ホワイト:月々の決済額が0円から9,999円で付与率0.5%
    レッド :月々の決済額が10,000円から49,999円で付与率0.8%
    ブルー :月々の決済額が50,000円から99,999円で付与率1.0%
    グリーン:月々の決済額が100,000円以上で付与率2.0%

LINE Payの払い方とオートチャージ方法

支払い方法は「コード支払い」「LINE Payカード」の2つ

LINE Payでの支払い方法は、コード支払いとLINE Payカードでの支払いの2種類あります。

コード支払い

コード支払いの方法は、まずLINEのトップ画面右上にある「ウォレット」をタップして、次に「コード支払い」をタップします。その後にパスワードを入力して、残高にチェックをいれて「確認」をタップします。

レジでコード画面を表示して、店員さんに読み取ってもらうと支払いができます。

LINE Payカード

LINE Payカードとは、LINEが発行しているプリペイドカードです。LINE Payカードでの支払い方法は、LINE Payにお金をチャージすることで利用できます。LINE PayカードにはJCBのクレジットカード機能があるため、国内外のJCB加盟店で使用可能です。

チャージ方法は「銀行口座」「セブン銀行ATM」「コンビニ」「QRバーコード」

銀行口座でのチャージ方法

銀行口座からのチャージ方法は、まずLINEのトップ画面右上にある「ウォレット」をタップして、次に「銀行口座」をタップします。チャージしたい金額をタップすると、ご自身で設定したパスワードの入力が求められます。

パスワードを入力したら、チャージが完了します。銀行口座からのチャージは簡単なので、おすすめのチャージ方法です。

セブン銀行ATMでのチャージ方法

セブン銀行ATMでチャージも最初は、LINEのトップ画面右上にある「ウォレット」をタップして、次に「セブン銀行ATM」をタップします。チャージ方法の案内を確認して、「次へ」をタップします。

ATMの画面で「スマートフォンでの取引」と標示された場所を押して、コードがATMの画面に出てきます。表示されたコードをスマホで読み取ると、スマホに4桁の番号が送られます。その番号をATMに入力して、最後に【確認」を押すとチャージが完了します。

コンビニでのチャージ方法

コンビニ(ファミリーマート)でのチャージは最低1,000円からで、本人確認を済ませている方は29万9,000円までチャージできます。本人確認を行っていない方は、最大10万円までチャージ可能です。

店内に設置してあるFamiポート端末を利用するとチャージすることができます。手順は、LINEのトップ画面右上にある「ウォレット」をタップして、次に「コンビニ」をタップします。チャージ金額が表示されるので、チャージしたい分の金額をタップします。

LINEでの操作が終わると、Famiポートの画面上に、LINEに表示されている受付番号、予約番号を入力します。入力が終わるとレシートが発行されるので、それをレジに持って行き支払いが済むとチャージ完了です。

QRバーコードでのチャージ方法

QRバーコードでのチャージ方法も、LINEのトップ画面右上にある「ウォレット」をタップして、次に「バーコードチャージ」をタップするとコードが表示されます。

表示されたコードをQRコード・バーコードでのレジチャージが可能な店舗で、チャージしたい金額を店員さんに渡すとチャージができます。

LINE Payは格安SIM「LINEモバイル」の支払いにも使える

LINEモバイルの特徴

LINEモバイル

 

LINEなど主要SNSが使い放題

LINEモバイルには、データフリーというサービスがあります。データフリーとは、対象のサービスを利用する際に、データ通信量を消費しないというサービスです。対象サービスは、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICです。(ただしプランによって異なります)

対象サービス以外のアプリなどを利用することで、通信制限に引っかかってしまう場合もLINEモバイルなら安心です。もしもデータ容量を使い切っても、データフリー対象のサービスの通信速度が落ちることはないです。

通信制限に引っかかってしまうと、SNSの画像や動画を読み取るのに時間が掛かります。また家族や友人と連絡を取る際にも、データ超量を使い切ってしまうとスムーズに連絡が出来ません。LINEモバイルには、SNSを快適に使えるという大きな特徴があります。

データ通信量をLINEを通してプレゼント出来る

データ通信量は月々によって使う量が異なるため、時にはデータ通信量が余ってしまうこともあると思います。データ通信量が余ると、使わなかったデータ通信量分が損したことになってしまいます。

LINEモバイルならLINEモバイルを利用している家族や友人に、LINEを通してデータ通信量をプレゼントすることが出来ます。家族でLINEモバイルを契約すると、データ通信量をシェア出来るので家族での契約は非常におすすめです。

SIMロック解除不要

LINEモバイルはソフトバンク・au・ドコモ3回線に対応しているため、SIMロック解除をする必要がありません。現在大手キャリアで購入したスマホを使っている方の中には、格安SIMに乗り換えてもそのままスマホを利用したい方もいると思います。

大手キャリアで購入したスマホを利用している方でも、LINEモバイルなら、安心して乗り換えることが可能です。

期間限定キャンペーンでLINE Pay残高5000円相当がもらえる

LINEモバイルはキャンペーン期間中に音声通話SIMを契約した方に、「LINEポイント5,000ポイント」または「LINE Pay残高5,000円相当」がもらえるというキャンペーンを行っています。

現在LINEモバイルを契約しようか迷われている方には、是非この機会を逃さずキャンペーン得点を手に入れて頂きたいです。

まとめ

今回はLINE Payの概要や支払い方法、オートチャージ方法について解説しました。

払い方やチャージ方法にはいくつか種類がありますが、どれも簡単なのでぜひLINE Payを利用してみて下さい!

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル