親御さん向け!格安スマホでキッズ携帯を契約する方法

子供にスマホを持たせるといつでも連絡が取れて、親御さんからすると便利な面が多々あります。子供にスマホを持たせることとを想定した場合に色々と不安もあると思いますが、格安SIMには子供向けに制限可能なアプリや機能があります。

今回は、フィルタリングアプリでの各種制限や、格安SIMにおいてのキッズ携帯の取り扱いについてご紹介します。是非参考にしていただき、お子様に持たせる格安SIM選びの参考としてください。

 
\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

格安SIM、格安SIMでのキッズ携帯の取り扱いについて

格安SIMには大手キャリアの「マモリーノ」や「みまもりケータイ」などの取り扱いはない

マモリーノやみまもりケータイは、小さくて子供でも持ちやすく防犯ブザーなども付いているのが特徴です。子供が家で留守番をしている時や、親御さんが出かけている時に子供と連絡が取れるので便利です。

現在格安SIMでは、マモリーノやみまもりケータイの取り扱いがありません。そのため通常のスマホのみとなりますが、子供向けのサービスも沢山あります。

格安SIMでスマホ端末をセット購入してフィルタリングアプリを導入するのがオススメ

子供に連絡手段としてスマホを持たせたいけど、どんな端末にすれば良いのか分からない方も多いと思います。格安SIMでスマホ端末をセット購入して、フィルタリングアプリを利用すれば子供にも安心してスマホを持たせることができます。

また、格安SIMとスマホをセットで購入すると、通常よりも安くスマホを購入可能なチャンスです。格安SIMで利用可能な端末も種類豊富なので、セット購入は非常におすすめです。

フィルタリングアプリにも多くの種類があり、機能も様々なので子供がスマホを正常に使えるように設定可能です。また、位置情報の確認などもできるため、みまもりケータイなどと同様に使うことができます。

お子様に持たせる格安スマホに導入するべきフィルタリングアプリ「i-フィルター」

「i-フィルター」は日本PTA全国協議会が推奨するフィルタリングアプリ

i-フィルターとは、格安SIM各社で提供されていて、お子様向けのフィルタリングと見守りの定番アプリとして有名です。i-フィルターの特徴は、日本PTA全国協議会から推奨されているということです。

閲覧サイト制限、アプリ使用制限、利用時間制限、位置情報確認など機能が充実

アプリの機能は、閲覧サイト制限、位置情報確認、通話履歴モニタリングなどがあります。閲覧サイト制限があることによって、子供が正しくスマホを利用しているかなど確認可能です。

位置情報確認は親御さんからすると非常に便利な機能で、子供が門限を過ぎても家に帰ってこない場合などすぐに居場所を特定することができます。

他の機能として、アプリの使用制限や利用時間制限があります。これらの機能があることによって、子供がスマホを使い過ぎてしまことを防ぐことができます。

スマホでは動画や音楽を楽しめるため、ついつい時間を忘れて夢中になってしまいます。子供は宿題や外で遊ぶことも大事ですが、無制限にスマホを使用させると勉強を嫌いになったり外で遊ばなくなってしまいます。

そうした時にi-フィルターの利用制限機能を活用すれば、お子さんのスマホの使いすぎを防止できるため安心です。

i-フィルターの機能の詳細については以下の記事を参考にして下さい。

iPhoneよりAndroidの方が制限できる機能が多いためオススメ

子供にスマホを持たせる際に、制限できる機能があることによって親御さんは安心できます。その中で少しでも制限が多い方が良いですが、iPhoneとAndroidで制限できる機能が多いのはAndroidです。

制限の多さにこだわるなら、iPhoneよりもAndroidの方がおすすめです。制限に特にこだわりがなく、iPhoneを持たせたいという方はiPhoneで問題ないでしょう。

「i-フィルター」に加入できるキッズ携帯を契約するのにオススメの格安SIM

LINEモバイル:月額600円から使えてLINE使い放題、さらにi-フィルターが無料

LINEモバイル

 

LINEモバイルには、月額600円で500MB使える「ベーシックプラン」があります。ベーシックプランの特徴は、LINEの通話やトークを利用する際にデータ通信量を消費しないということです。

LINEは日本国内に住んでいるほとんどの方が利用しているSNSなので、LINEの使い過ぎで通信制限に引っかかってしまったことがある方もいると思います。LINEを好きなだけ利用できるのは、非常に魅了的な特徴です。

SNSを使用していて通信制限に引っかかると、読み込みが遅くなり通話の声も聞きとりにくくなります。親御さんもお子様とは常に連絡を取れた方が安心できるので、LINEモバイルの「ベーシックプラン」はおすすめです。

さらにLINEモバイルでは、先ほど紹介したi-フィルターを無料で利用することができます。i-フィルターは本来200~300円/月かかるソフトなので、他の格安SIMと比べると月額料金を安く抑えることができます。

LINEを通してデータ通信量をプレゼントできる

データ通信量は契約している容量を使い切らない場合もあり、データ通信量が余分に残ってしまうと損をしている気分になりますよね。できれば、余ったデータ通信量も使い切りたいと思っている方も多いと思います。

LINEモバイルなら余ったデータ通信量を、LINEモバイルを利用している家族や友人にLINEアプリを通じてプレゼントすることができます。LINEから簡単にデータ通信量がプレゼントできるので、万が一データ通信量が余っても有効に使用可能です。

BIGLOBEモバイル:月額900円から使えてYouTube等が見放題になるオプションがある

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
+SMS
データSIM
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB
980円
税込1,078円
-
-
3GB
1,200円
税込1,320円
1,020円
税込1,122円
900円
税込990円
6GB
1,700円
税込1,870円
1,570円
税込1,727円
1,450円
税込1,595円
12GB
3,400円
税込3,740円
2,820円
税込3,102円
2,700円
税込2,970円
20GB
5,200円
税込5,720円
4,620円
税込5,082円
4,500円
税込4,950円
30GB
7,450円
税込8,195円
6,870円
税込7,557円
6,750円
税込7,425円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:280円/月
データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルには、「エンタメフリー・オプション」というオプションがあります。エンタメフリー・オプションとは、YouTube・U-NEXT・Abema TV・YouTbe Kids・Spotifyなどの対象サービスをデータ通信量を気にすることなく楽しめるオプションです。

最近ではテレビ離れが進み、YouTubeなどをスマホやタブレットで楽しむ子供が増えています。その際に気になるのがデータ通信量で、家の外でYouTubeなどを見るとすぐに通信制限に引っかかってしまいます。

BIGLOBEモバイルなら、YouTubeや他の動画や音楽をデータ通信量を消費されることなく楽しめるのでお子様向けの格安SIMです。親御さんにとっても、データ通信量を追加する必要がないので、節約にも繋がると思います。

楽天モバイル:月額1,480円から使えて10分電話かけ放題が含まれる

Rakuten UN-LIMIT
エリア
楽天回線
パートナー回線
プラン料金2,980円→一年無料
データ通信制限なし5GB/月
国内通話Rakuten Link利用で0円
SMSRakuten Link利用で0円

楽天モバイルには、「スーパーホーダイ」というプランがあり1,480円から契約可能となっています。楽天で通販をされている方も多いと思いますが、楽天会員なら2年間ずっと1,480円なのでとてもお得です。

また、子供にスマホを持たせる場合に、電話の回数は多くなると思います。その際に気になるので電話料金ですが、「スーパーホーダイ」には10分電話かけ放題が含まれているので安心です。

電話代金を気にしてしまうと電話をかける回数も減ってしまいますが、10分かけ放題があると電話をしたい時に電話ができるので快適です。

全国に店舗があるので直接相談可能

格安SIMの特徴として有名なのは、店舗を持たない会社が多いことです。店舗が無い場合は、メールまたは電話での相談となります。メールや電話よりも、直接相談できると理解もしやすいと思います。

楽天モバイルは全国に店舗があるので、相談したいことがあると直接店員さんに伺うことができます。契約する前後で、直接店員さんから話しを聞くことで正確な情報をリアルタイムで聞くことができます。

またお子様がいる方は実際にお子様と一緒に店舗に足を運ぶことで、1人ではなく2人で話を聞けるのでお子様の要望もしっかりと把握できます。ショッピングついでに立ち寄ることも可能なので、店舗があるというのは大きなメリットです。

まとめ

今回は、格安SIMも子供向けに利用できることや、フィルタリングアプリのi-フィルターについてご紹介しました。

格安SIMでは、LINEモバイル・BIGLOBEモバイル・楽天モバイルのそれぞれの特徴についてお伝えしました。

現在子供にスマホを持たせるか検討中の方は、今回ご紹介したことを参考にしていただければ幸いです。

【終了間近】3月31日までの受付
 
 
 
 
 
 
\ 3ヶ月間無料キャンペーン中! /