格安SIMの種類って数が多すぎて、どれを選んだらいいのかで迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、ショートメール(SMS)が使える格安携帯/格安SIMをご紹介します。さまざまな特徴があるので、格安SIM選びの参考にしてみてくださいね。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

月額料金が安いSMS(ショートメール)が使える格安SIM

b-mobile:月額190円からSMSが使える

データ容量回線
種類
990 JUST FIT
(音声+データ)
190PadSIM
(データ+SMS)
190PadSIM
(データのみ)
100MB
まで
D-320円190円
S--
1GB
まで
D990円610円480円
S990円-
3GB
まで
D1,290円980円850円
S1,690円-
6GB
まで
D1,790円1,580円1,450円
S2,390円-
10GB
まで
D2,590円2,320円2,190円
S3,190円-
15GB
まで
D3,590円3,410円3,280円
S4,390円-

格安SIMの先駆けと言われているのがb-mobile。日本で初めてMVNOとしてサービスを提供したところでもあります。

ソフトバンクとauの2回線を使っているため、ソフトバンクとauのスマホならSIMロック解除なしでそのまま使えます。

月額料金に関わるデータプランは、使った分だけ支払いというタイプです。一定額のプランだと、使わない月がもったいないため、たくさん使う月がある一方で全然使わないこともある方におすすめです。

また、使い過ぎてしまうことに不安がある方でも、上限設定をすることができるので安心です。

b-mobileの電話アプリを使って電話をすると、通話料金が半額になることも見逃せません。月額料金をとにかく安く済ませたい場合はおすすめですね。

 

ロケットモバイル:月額料金398円からSMSが使える

プラン
音声SIM
データSIM
D
A
D
A
S
神プラン
(200kbps)
948円1,068円298円398円398円
1GB1,250円1,380円590円700円790円
2GB1,300円-690円--
3GB1,400円1,470円840円840円-
5GB1,800円1,950円1,200円1,330円-
7GB2,400円2,560円1,850円 1,770円 -
20GB4,670円4,580円3,950円3,950円4,100円
D=ドコモ回線 A=au回線 S=ソフトバンク回線

ロケットモバイルは、ドコモ、ソフトバンク、auの回線から選べます。どのキャリアで購入したスマホでもそのまま使えるのは非常に便利ですね。

ロケットモバイルには専用のアプリがあり、貯めたポイントをスマホの支払いに充てることができます。

いくつかのポイントサイトでは、買い物をしないと貯まらないところがありますが、ロケットモバイルのアプリでは、アプリのダウンロードやアンケートに答えるだけでもポイントをもらうことができます。

スマホの使い方やデータ容量の利用状況に合わせて、月に一度プランを変更することもできます。柔軟にプラン変更できれば月額料金を多く支払う必要がないので、節約することができるでしょう。

プランを変更した月についてはプラン変更前の料金なので、いつもより使いすぎてしまっても安心です。ただ、上位プランのみに適用できるので、始めのうちはデータ容量が小さいプランから試してみて、無駄な出費を避けることをおすすめします。

 

LINEモバイル:月額620円からSMSが使える

LINEモバイル

 

テレビのCMでもおなじみのLINEモバイル。LINE, Twitter, Instagram, Facebookの4大SNSがデータ消費ゼロで使い放題なのが最大の特徴です。

また、速度制限がかかってしまっても上記4つのSNSは制限の対象外のため、高速通信でサクサク動作するという点も見逃せません。

速度制限がかかってしまうと、LINEが送れずにイライラしたり、SNSが更新されずにがっかりするなどストレスも大きくなりますよね。そのような時でも、SNSがスムーズに使えるのは、学生さんや主婦の方には大きなメリットでしょう。

また、余った通信料をLINEモバイルユーザーにプレゼントすることができたり、LINEポイントを毎月のスマホの支払いにあてることができます。

LINEモバイルもドコモ、au、ソフトバンクの3回線に対応しているため、手持ちのスマホをそのまま使い続けることができます。格安SIMを使ってみたいと思っている方には、とても魅力的なポイントですね。

スマホは今のまま使いたいという方やSNSをとにかくたくさん使うという方に、特におすすめしたいのがLINEモバイルです。

 

イオンモバイル:月額620円からSMSが使える

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルは、料金プランがなんと29種類もあります。キャリアも含めて、料金プランに納得がいかないという方には、ぜひチェックしていただきたい格安SIMです。

定額プランは少ないギガ数であれば選択できるものもありますが、5ギガを超えた辺りから定額プランの料金が高くなります。

大手キャリアでは契約データ容量を細かく選択できないため、使い切らずに高い月額料金を払っている方も多いですが、イオンモバイルなら自分に最適なデータ容量を選択できます。

全国200店舗以上のイオンで、スマホの購入や契約、分からないことに対する受け答えなどを行っているので、プランを聞くだけでも行ってみて損はないでしょう。

ドコモとauの回線を使っており、音声通話SIMでも最低利用期間がないため解約金がかからないことや、余った通信料を翌月に繰り越して使えるのもイオンモバイルの特徴です。

 

楽天モバイル:月額645円からSMSが使える

スーパーホーダイ(ドコモ回線)
10分かけ放題×回数無制限付き
最低
利用
期間
プランS
(2GB)
プランM
(6GB)
プランL
(14GB)
プランLL
(24GB)
3年1,480円2,480円4,480円5,480円
2年1,980円2,980円4,980円5,980円
1年2,480円3,480円5,480円6,480円
組み合わせプラン
プラン
通話SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
ベーシック
プラン
1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

楽天でよく買い物をするという方や楽天会員という方は、スマホの支払いで損をしているかもしれません。

楽天モバイルでは、楽天会員というだけで月額料金を割引してくれるサービスがあります。ランクによっては、一年間1500円の割引に加えてさらに値引してもらえることも。

短い期間でも使えることや解約金がないことも、楽天モバイルの特徴です。(2019年10月1日以降に契約した場合)

実際に使ってみたら、買う前に思っていたことと違ったという場合や他の格安SIMに自分の気に入ったものを見つけることもありますよね。その時に、縛りがあると解除料がかからなくなる1年~2年くらいは使っていないといけないので、手軽に始められるのは高ポイントです。

口コミでの評価も高く、事実スマホのネット契約数や乗り換えたい通信サービスなどのランキングで一位という結果を残しています。ドコモとauの回線から選ぶことができるので、手持ちのスマホをそのまま使いやすいのもポイントです。

 

mineo(マイネオ):月額700円からSMSが使える

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoの特徴は、マイネオプチ体験ができることや自分に合ったプランなどを選べることです。どの格安SIMがいいのかは使ってみないとわかりませんが、マイネオではお試しできるので、納得してから決めることができます。

また、自分に合ったプランを決めることができたり、契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金がかからないのも嬉しいポイントです。

mineoもau、ドコモ、ソフトバンクの3回線から選ぶことができます。500種類以上のスマホの動作確認が公式で行われているため、今使っているスマホを継続して使うことができるでしょう。

マイネオユーザー同士でパケットを共有できるので、ご家族や友人同士で分け合えるのもメリットです。

さらに、顧客満足度ナンバーワンを誇るマイネオは、サポートが充実しています。スマホの使い方やプランの見直しなどで分からなくて困ったという方も多いでしょう。

店舗に直接足を運んでも、混雑していてとても長い時間待たされることもありますし、そもそもそこまでして聞くこともないと考える方もいると思います。しかし、せっかくお金を払って利用するのですから、快適に使いたいですよね。

オンラインチャットやAIでのメッセージをやり取りすることで、問題をすぐに解決することができ、提携店舗も多いので、いつでもサポートを受けることができるでしょう。買う前より買ってからの使いやすさも重要です。

 

まとめ

今回は、ショートメール(SMS)が使える格安携帯/格安SIMをご紹介しました。

  • データを使った分だけ支払いをするスタイルのb-mobile
  • 独自のアプリでポイントを貯められるロケットモバイル
  • LINEだけでなく、速度制限がかかっても主要SNSが快適に使えるLINEモバイル
  • 料金プランが29種類もあるイオンモバイル
  • 楽天会員は見逃せない楽天モバイル
  • 契約前にお試しができるマイネオ

気になったという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル