格安スマホへ乗り換え!機種そのままで使う方法

格安スマホは大手キャリアと比べて月額料金が安く、格安スマホに乗り換えたいと考えている方も沢山いると思います。そこで気になるのが、今使っている機種がそのまま使えるかどうかですよね。

他社への乗り換えというと、併せて新しい機種も買わないといけないイメージがあるかもしれませ。しかし、使用中のスマホに特に問題ないのであれば、わざわざ高いお金を出して新しいスマホを買うのは避けたいところです。

特にiPhoneは最新のものだと10万円を超えるのが普通になってきているので、なかなかホイホイと新しい機種に変えるのもしんどいですよね。最近のスマホは性能が高いので、落として壊したりなどしない限りは、3年、4年と長く使える代物です。

というわけで、今回は機種を替えることなくそのまま格安スマホに乗り換える手順についてご紹介します。併せて格安スマホに乗り換えるのにベストなタイミングについても解説しますので、ぜひ乗り換えの参考にして下さい。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

機種そのままで格安スマホに乗り換えるためには?

転出元と転出先の回線種類が同じならそのまま乗り換えでOK

転出元がソフトバンクで転出先の格安スマホもソフトバンク回線の場合は、手間を省くことが可能でそのままスマホを乗り換えることができます。乗り換えをスムーズに行いたい方は、転出元と転出先の回線が同じものを選ぶと良いです。

格安スマホの中には、ソフトバンク・ドコモ・auの3回線を利用している格安スマホがあります。3回線を利用している格安スマホの場合は、転出元にかかわらずSIMロック解除をする必要がないというメリットがあります。

転出元と転出先の回線種類が異なる場合はSIMロック解除が必要

転出元がドコモで転出先の格安スマホがドコモ回線を利用していない場合は、乗り換える際にSIMロック解除をする必要があります。大手キャリアから格安スマホに乗り換える際には、格安スマホがどの回線を利用しているのかチェックする必要があります。

SIMロック解除の方法については後述します。

どちらの場合も乗り換え前に動作確認済み端末のチェックを推奨

SIMロック解除が必要、もしくは不必要な場合もお手元のスマホが格安スマホで使用可能か動作確認済みのチェックをする必要があります。格安スマホではホームページに動作確認済み端末を調べることができるページがあり、自分の持っている端末が使用できるか簡単にチェックできます。

動作確認済み端末のチェックをして、その中にお手元のスマホがない場合は格安スマホで対応していない端末ということになるので注意が必要です。

大手キャリアのメールアドレスは使えなくなるため注意

大手キャリアで使用していたメールアドレスは、家族や友人との連絡で使用している場合は変更したくないものです。しかし格安スマホでは大手キャリアのメールアドレスを使用することができないため、フリーメールなどを使用する必要があります。

格安スマホによっては独自のドメインのメールアドレスを使用できる会社もあるので、独自のメールアドレスを取得したい場合は、契約前にメールアドレスについても格安スマホが発行可能か調べることも重要です。

格安スマホへの乗り換えのタイミングはいつがいい?

大手キャリアは解約月の料金は日割りにならない

大手キャリアの解約する際に注意することは、解約月の支払い料金について日割りにならないということです。10月が解約月の場合に10月5日に解約したとしても、5日分の料金のみ支払うのではなく1か月分支払う必要があります。

解約月の料金が日割りなると思って月初に解約をしてしまうと、スマホを使用していないにもかかわらず余計な料金を支払わなくてはいけません。大手キャリアを解約する際のタイミングは、無駄にお金を支払う必要がない月末が一番良いです。

格安SIMは契約月の料金が日割りになる場合がほとんど

格安SIMでは契約する際の料金が基本的に日割りになることが多いので、月初に契約が難しい方も安心して契約することができます。料金が日割りにならない場合は、月初に契約しないと損してしまうので計画的に契約する必要があります。

大手キャリアは月末で乗り換えた方がお得で、格安SIMは日割り料金になる場合が多いので月末に契約することをおすすめします。スマホを使用できない期間ができると不安だと思いますので、大手キャリアの解約のタイミングを考えて格安SIMに乗り換えることが大切です。

ドコモ、auは月末締めなので月末頃に乗り換えると良い

ドコモとauについては支払いが月末締めなので、現在契約している方は月末に格安スマホに乗り換えると良いです。月初や月中で乗り換えてしまうと、ドコモとauを通してスマホを使用しない時期の分の料金も余計に支払う必要があります。

ソフトバンクの締め日は3通りある!確認の上、締め日前の乗り換えがおすすめ

ソフトバンクはドコモ・auとは異なり、締め日は10日・20日・末日の3通りがあります。締め日は契約時に決まっており、変更することができません。具体的にどのように決まっているかは開示されていないため、普段締め日を気にしていない場合は乗り換え前に要確認です。

締め日は店頭やウェブから確認することができるため、事前に確認しておいて締め日前頃に乗り換えるのが良いでしょう。

ギリギリすぎると締め日をまたぐ可能性があるため余裕をもって乗り換えよう

解約する予定の時期を決めても、他の予定などができて解約がギリギリになってしまうこともあると思います。解約がギリギリになり過ぎてしまうと、締め日をまたいでしまう恐れがあるので余裕を持って乗り換えをしなくてはいけません。

機種そのままで格安スマホに乗り換える手順を解説

端末のSIMロック解除を行う(必要な場合のみ)

転出元キャリアと転出先の利用回線が異なる場合は、使用する端末のSIMロック解除をする必要があります。転出元キャリアと転出先の回線が同じ場合には、SIMロック解除をする必要がないので手間を省いて乗り換えることができます。

SIMロック解除は、スマホ購入元のキャリアのショップもしくはウェブで行うことができます。店頭での手続きは3,000円(税抜)の手数料がかかりますが、ウェブで行う場合は無料です。そのため、ウェブで行うのがおすすめですが、面倒な場合はショップに行って店員さんに任せてしまいましょう。

転出元キャリアでMNP予約番号を取得する

MNP予約番号とは「Mobile Number Portability」の略で、転出元キャリアで使用していた電話番号と同じものを格安スマホでも利用できるというものです。格安スマホに乗り換える際に、MNP予約番号を取得しなくては同じ電話番号を使用することができません。

転出元キャリアのショップや電話で問い合わせることで、MNP予約番号を取得することができます。スマホに不慣れな方や操作が不安な方は、ショップで店員さんと一緒に操作をするとスムーズに作業を進めることが可能です。

格安スマホ各社の公式サイトから申し込みをする

格安スマホはほとんどの会社が店舗を持たないですが、中には店舗を持っている会社もあります。店舗がある格安スマホの場合は店舗で契約をすることが可能ですが、公式サイトから契約を申し込むこともできます。

店舗を持たない格安スマホの場合は、各社の公式サイトから契約をすることができます。

公式サイトから契約をする際のメリットは、キャンペーンや割引などが適用されてお得な値段で契約をすることが可能です。そのため、店舗がある格安スマホの場合でも、ウェブから申し込みするのがおすすめです。

SIMカードが到着したら挿し替えをする

大手キャリアでスマホを契約する場合は、SIMカードを店員さんが入れ替えてくれるため自分で行う必要はありません。格安スマホの場合は、公式サイトから申し込みを行ってSIMカードは自宅に届くため自分で挿し替えをしなくてはいけません。

SIMカードはかなり小さいため、床に落として紛失などしてしまうと大変です。挿し替えをする時はなくすことのないよう、テーブルの上などで行うと万が一SIMカードを落としてしまった場合にも安心です。

SIMカードの挿し込む方向についても注意が必要で、逆さにいれてしまうと使用ができません。挿し込む前に方向のチェックもしっかりと行う必要があります。

また、iPhoneの場合はSIMカードを取り出すためのピンが必要です。購入したiPhoneの箱に同梱されていますが、もしない場合はピンセットを伸ばしたものでも代用可能です。本体右側面の小さい穴にピン先をグッと差し込んで、SIMトレイを取り出しましょう。

MNP転入手続きとAPN設定を行う

MNP予約番号を取得した後は、MNP転入手続きをしなくてはいけません。MNP転入手続きの際に、MNP予約番号には有効期限があるので期限が切れないように注意する必要があります。

APNとは「アクセスポイント名」の略で、APN設定はスマホをインターネットに繋ぐために行う必要がある重要な設定です。大手キャリアで購入したスマホの場合は、APN設定が行われているので、再度設定を行う必要はありません。

大手キャリアで使用していたスマホをSIMロック解除して格安スマホで利用する場合は、APN設定をしないとスマホをインターネットに繋げることができません。格安スマホに乗り換える際に、スマホ自体も新しくセットで購入する場合はAPN設定をしなくてはいけません。

まとめ:機種そのままで格安スマホへの乗り換えは簡単!

今回は格安スマホで利用可能なメールアドレスや、乗り換える際の注意点についてご紹介しました。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えることについて難しいと考えている方もいると思いますが、実際は機種そのままでも格安スマホへの乗り換えは簡単なので安心してください。

これから機種は替えることなく格安スマホに乗り換えを考えている方は、是非乗り換える際に参考にしてくださいね。

 

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル