現在ドコモで契約してスマホを利用している方の中には、格安SIMに乗り換えすることを考えている方も多いと思います。その際に、どのような手順を取れば良いのか迷われている方もいるのではないでしょうか。

今回はドコモから格安SIMに乗り換えた際の月額料金の金額差や、ドコモ回線を利用しているおすすめの格安SIMについてご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

ドコモから格安SIM(格安スマホ)へ乗り換えると何が変わる?

月額料金は5,000円以上安くなるケースも!

現在大手キャリアでスマホを契約している方が、格安SIMに乗り換えた場合にメリットがいくつかあります。その中でも1番のメリットが、スマホの月額料金が安くなるということです。

格安SIMによって月額料金は異なりますが、大手キャリアから格安SIMに乗り換えると約5,000円以上安くなることもあります。月額料金が5,000円以上安くなると、年間6万円も節約できることになります。

節約できたお金は趣味や旅行に使えるので、少しでも毎月の支払い額は減らしたいものです。

手持ちのスマホを使えばデータはすべてそのまま

ドコモから格安SIMに乗り換える際に、スマホのデータが消えるのではないかと心配されている方が多くいます。

しかし現在使用しているスマホをそのまま格安SIMでも使用する場合は、画像やアプリなどのデータはすべてそのままの状態なので安心です。

格安SIMでドコモ回線を選べば面倒なSIMロック解除も必要なし

現在ドコモで契約している方が、ドコモの回線を利用している格安SIMに乗り換える場合はSIMロック解除をする必要がありません。

SIMロック解除も手間がかかるので、現在使用している回線と同じ回線の格安SIMを選ぶと簡単に乗り換えることができます。

キャリアメールは使えなくなるためフリーメールなどの利用が必要

キャリアメールとは、ドコモでは「@docomo.ne.jp」のメールアドレスのことです。格安SIMではキャリアメールが使えなくなるため、GmialやYahoo!メールといったフリーメールを利用することをおすすめします。

フリーメールは無料で利用可能なので、多くの人が利用しています。フリーメールの中でも特に人気なのは、GmialやYahoo!メールです。GmialはGoogleサービスに登録が必要で、Yahoo!メールはYahoo!JAPAN IDを取得することで使用することが可能です。

ドコモから格安SIMへ乗り換える手順を解説

ドコモのショップ・電話窓口・ウェブサイト(My docomo)でMNP予約番号を取得する

ドコモから格安SIMに乗り換える際に、電話番号をそのまま使いたいと考えられている方が多いと思います。現在使用している電話番号を格安SIMで利用するには、MNP予約番号を取得する必要があります。

MNPとは「モバイル・ナンバー・ポータビリティ」の略で、スマホのキャリアを変更した後も同じ番号を利用できる制度のことです。

MNP予約番号の注意点として、番号を取得して15日以内に乗り換えを行う必要があることです。MNP予約番号を取得するした場合は、なるべく早く乗り換えることをおすすめします。

ドコモでMNP予約番号を取得する方法は以下の3つです。

  1. ドコモのショップへ行く
  2. 電話窓口へ電話をかける
  3. ウェブサイト(My docomo)にアクセスする
ドコモのショップへ行く

ドコモのショップでMNP予約番号を取得する方法は、店員さんに詳しく教えてもらいながらできます。店頭まで行かなくてはいけないので、時間がある方は店頭で行っても問題ないでしょう。

電話窓口へ電話をかける

ドコモのカスタマーセンターへ電話してMNP予約番号を取得する方法もあります。受付時間が午前9時から午後8時までとなっているので、時間内に電話をかける必要があります。

電話番号はドコモの携帯からかける場合は「151」で、一般電話は「0120-800-000」です。

ウェブサイト(My docomo)にアクセスする

パソコンやスマホからMNP予約番号を取得する方法は、まずウェブサイト(My docomo)にアクセスします。次にログインをして、「ドコモオンライン手続き」からMNP予約番号を取得することができます。

格安SIMでau回線、ソフトバンク回線を選ぶ場合はSIMロック解除を行う

格安SIMは基本的に、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアから回線を借りて運営しています。ドコモで契約していた方が格安SIMでau回線、ソフトバンク回線を選択して乗り換える場合、SIMロック解除をしなくてはいけません。

そのためドコモで契約している方が、auやソフトバンク回線を利用している格安SIMに乗り換える際にはSIMロック解除をする必要があります。SIMロック解除をしたくない、手間がかかるから面倒という方は、ドコモ回線を利用している格安SIMを選ぶと手間が省けます。

格安SIMのサイトから申込みをする

大手キャリアでスマホを購入する場合、店頭に行って契約を行いますが、格安SIMの場合は実店舗をもつ会社が少なく、格安SIMのサイトから申し込んで契約します。店舗に行く必要がないので、普段時間があまりない方にとっては助かりますね。

サイトから申し込む際に準備するもの

サイトから申し込む際に必要なことは、MNP予約番号を取得することや、運転免許証などの本人確認書類データを用意することです。

格安SIMの支払い方法はクレジットカードのみという場合が多いので、格安SIMによってはクレジットカードを準備しておく必要があることがあります。

現在使用しているスマホをそのまま利用したいと考えられている方は、格安SIMのホームページで動作確認済み端末を調べることも重要です。サイトから申し込むことは非常に簡単で、手続きにかかる時間は約10分から15分程です。

SIMカードが届いたらMNP転入切り替え手続きをする

SIMカードが自宅に届いたら、MNP転入切り替え手続きをする必要があります。大手キャリアで使用していた電話番号を格安SIMで利用しない方は、MNO転入切り替えをしなくても大丈夫です。

MNP転入切り替え手続きは、格安SIMのマイページから手続きをすることができます。

SIMカードを入れ替えてAPN設定を行う

APNとはアクセス・ポイント・ネームの略で、スマホをインターネットに繋ぐ際に必要なものです。

SIMカードが自宅に届いたら、SIMカードを入れ替えてAPN設定を行う必要があります。APN設定は難しいように思われる方もいるかもしれませんが、約3分程で完了するので簡単です。

ドコモ回線がある格安SIMのおすすめを紹介

LINEモバイル:TwitterやInstagramなどの使い放題あり

LINEモバイル

 

LINEモバイルにはデータフリーというオプションがあり、対象のサービスを使用する際にデータ通信量を消費することなく利用することができます。対象サービスは、LINE, Twitter, Facebook, Instagram, LINE MUSICといった主要SNSです。

通信制限に引っかかった場合も、対象サービスの通信速度が落ちることはありません。通信制限に引っかかってしまうと、画像や動画の読み込みに時間がかかってしまいます。

データフリーを利用することによって、データ通信量を約30%も節約できます。節約できたデータ通信量は、他のアプリなどに使用することが可能になります。

LINEのID検索が使える

LINEは非常に便利なアプリで、日本に住んでいるほとんどの方が利用しています。LINEにはID検索という機能があり、IDを入力するだけで家族や友達をLINEの友達に追加することができます。

ID検索をするためにはLINEの年齢認証が必要ですが、通常格安SIMでは年齢認証を行うことができません。しかしLINEモバイルはLINEの年齢認証を行うことが可能なので、LINEのID検索を行うこともできます。

 

BIGLOBEモバイル:YouTubeやAbemaTVなどの使い放題あり

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというオプションがあります。エンタメフリー・オプションは月額を支払うことで、対象のサービスをデータ通信量を消費することなく利用できます。

エンタメフリー・オプションの対象サービスは、YouTube, AbemaTV, U-NEXT, Spotify, AWAなどです。対象サービスは動画や音楽だけでなく、電子書籍やラジオなどもあります。対象サービスも拡大中なので、これからさらに期待が高まります。

 

まとめ

今回はドコモから格安SIMに乗り換える手順や、SIMカードが届いてから行う必要があることについてご紹介しました。

ドコモから格安SIMへの乗り換えを検討されている方は、是非参考にしていただければと思います。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル