格安SIMの話し放題を比較

皆さんは、普段からどのくらい通話をしますか?ビジネスの世界では電話は未だ根強く利用されていますが、最近の個人間のやりとりはSNSのメッセージが利用されています。

とは言え、現在でも携帯番号を利用した通話を行いたい方は多くいます。特に30代以上のガラケーを利用していた世代の方には利用したい方が多くいるとのことです。

今まで、大手キャリアのかけ放題サービスは利用料金も比較的高く、また長時間の利用を目的としたかけ放題プランが主流でした。

しかし、格安SIMでも大手キャリアと同じく無制限かけ放題をはじめ、10分かけ放題などの時間制限付きのかけ放題が大手キャリアよりも安くオプションとして利用することができます。

今回は、格安SIM各社のかけ放題プランを比較していきたいと思います。また、併せて各社の特徴などについてもご紹介していきます。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

10分間 or 3分間の話し放題・かけ放題がある格安SIM

BIGLOBEモバイル:10分かけ放題(月額830円)、3分かけ放題(月額600円)

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルは、BIGLOBE株式会社が運営する格安SIMです。大手ISPとしても有名なBIGLOBEとの光回線とのセットやオプションなど様々なサービスが充実しています。

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIMなら月額1400円から利用することが可能です。1GB〜30GBまで自分の利用したい容量で契約をすることができます。

BIGLOBEモバイルのかけ放題通話オプションは2種類から選ぶことができます。一つが月額830円から利用できる10分かけ放題プランです。もう一つが月額600円から利用できる3分かけ放題です。

BIGLOBEモバイルでかけ放題を利用する場合には、専用のアプリをインストールする必要があります。「BIGLOBEでんわ」のアプリをPlayストアかApp Storeからインストールすることができます。

BIGLOBEモバイルの最安プランである「1GBプラン」に「10分かけ放題」を追加して利用した場合は月額1400円+830円となるので、合計2,230円から利用することができます。

大手キャリアで通常かけ放題を利用した契約の場合は5000円~1万円程度かかる場合があるため、相当安く利用することができます。

IIJmio(みおふぉん):通話定額オプション10分(月額830円)、3分(月額600円)

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioは、Androidから中古iPhoneやiPadまで幅広く取り扱いを行っている格安SIMです。キャンペーン等で大幅割引により契約できる場合があるのも魅力的です。

IIJmioは、音声通話SIMなら月額1,180円から利用することが可能です。従量制プランか定額プランの2種類から選ぶことが可能です。

IIJmioのかけ放題通話オプションは、2種類から選ぶことができます。一つが月額830円から利用できる10分かけ放題プランです。もう一つが月額600円から利用できる3分かけ放題です。

また、IIJmioのかけ放題通話オプションは家族間の通話なら、3分かけ放題の場合は10分間、10分かけ放題の場合は30分と大幅に伸ばして通話をすることができます。

IIJmioの最安プランである「従量制プラン」に「10分かけ放題」を追加して利用した場合は月額1,180円+830円となるので、合計2,010円から利用することができます。

nuroモバイル:10分かけ放題(月額800円)

 回線
種類
データデータ
+SMS
データ
+音声
お試し
プラン
(0.2GB)
A500円650円1,200円
D300円450円1,000円
S500円-1,200円
Sプラン
(2GB)
A780円930円1,480円
D700円850円1,400円
S980円-1,680円
Mプラン
(7GB)
A2,100円2,250円2,800円
D1,500円1,650円2,200円
S2,100円-2,800円
Lプラン
(13GB)
A2,980円3,130円3,680円
D2,700円2,850円3,400円
S2,980円-3,680円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

nuroモバイルは、大手家電メーカーであるソニー株式会社が運営する格安SIMです。最安300円(データSIM)から利用できるスマホサービスをうたっている等、破格の安さを誇っています。

nuroモバイルは、音声通話SIM月額1,000円から利用することができます。お試しプラン、Sプラン、Mプラン、Lプランの4種類があり、0.2GB~13GBまで利用することができます。

nuroモバイルのかけ放題オプションは、月額800円から利用できる10分かけ放題のみです。しかし、10分かけ放題800円は最安に近い価格であると言えます。

nuroモバイルの最安プランである「お試しプラン」に「10分かけ放題」を追加して利用した場合は月額1,000円+800円となるので、合計1,800円から利用することができます。

イオンモバイル:イオンでんわ10分かけ放題(月額850円)

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルは、大手ショッピングモールを展開するイオングループ株式会社が提供する格安SIMです。全国200店舗を超える実店舗数を構える等の特徴を持っています。

イオンモバイルは、音声通話SIMなら月額1,130円から利用することが可能です。500MB~50GBプランまでかなり幅広く選択をすることができます。

また、イオンモバイルでは60歳以上の方限定で「やさしいプランmini」の契約ができます。これは、月額980円で利用できるようになるため、あまりモバイルデータを利用しない高齢者世代におすすめと言えます。

イオンモバイルのかけ放題通話オプションは2種類から選ぶことができます。ここではそのうちの一つである、月額850円から利用可能なイオンでんわ10分かけ放題をご紹介します。

イオンモバイルが提供する、通話専用アプリである、イオン電話を利用した10分かけ放題プランです。インストールは、PlayストアかApp Storeからすることができます。

イオンモバイルの通常最安である、「音声500MBプラン」に「10分かけ放題」を追加して利用した場合は、月額1,130円+850円となるので合計1,980円から利用することができます。

mineo(マイネオ):mineoでんわ 10分かけ放題(月額850円)

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは、関西電力グループが提供する格安SIMです。CMやYouTube広告などでも大々的に放送されている等、メディア露出が多い格安SIMです。顧客満足度も格安SIM業界No.1と高い数値を誇っています。

mineoは、音声通話SIMは月額1,310円から利用することができます。また、ドコモ回線やソフトバンク回線も利用することができそれぞれの回線で料金が若干変わってきます。

mineoのかけ放題通話オプションは月額850円から利用できる、mineoでんわ10分かけ放題のみです。

mineoのかけ放題は、専用アプリ「mineoでんわ」をインストールすることでmineoでんわ 10分かけ放題を利用することができます。インストールは、PlayストアかApp Storeからすることができます。

mineoの最安値である、「Aプラン500MB」に「10分かけ放題」を追加して利用した場合は、月額1,310円+850円となるので合計2,160円から利用することができます。

LINEモバイル:10分電話かけ放題(月額880円)

LINEモバイル

 

LINEモバイルは、メッセージアプリ「LINE」を提供するLINE株式会社が運営する格安SIMです。ソフトバンクグループ傘下になるなど、安心で安定したサービスを提供しています。

LINEモバイルは、音声通話SIMなら月額1,100円から利用することができます。500MB~12GBの中で4つのプランから選ぶことができます。

また、SNSをデータフリーで利用できるオプションサービスが充実しており、0円~480円の中からSNSデータフリーオプションを選択することができます。

LINEモバイルのかけ放題通話オプションは月額8580円から利用できます。LINEモバイルでかけ放題を利用する場合は、専用通話アプリ「いつでも電話」のインストールが必要です。

また、LINEモバイルではLINEがデータフリーで利用することができます。通常の無料通話やビデオ通話などもデータフリーで利用することが可能です。

LINEモバイルの最安値である、「500MBプラン」と「LINEデータフリーオプション」に「10分かけ放題」を追加して利用した場合は、月額1,100円+0円+880円となるので合計1,980円から利用することができます。

時間無制限の話し放題・かけ放題がある格安SIM

Y!mobile(ワイモバイル):スーパー誰とでも定額(月額1,000円)

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileは、ソフトバンクのサブブランドとしてソフトバンク運営する格安SIMです。回線速度は格安SIMの中でもトップクラス等、ユーザーから多くの支持を集めています。

Y!mobileは、月額2,680円から利用することができます。また新規契約6か月は700円割引、おうち割か2回線目以降ならさらに500円引きで利用することができます。

契約プランは、Sプラン、Mプラン、Rプランの3種類から選ぶことができます。3GB~14GBの幅で選択することが可能です。

Y!mobileには、標準契約から10分間かけ放題が付いています。10分以内の通話しかしない方はこれだけで充分な契約と言えます。さらに、時間無制限のかけ放題プランが月額1000円から利用可能です。

Y!mobileの無制限かけ放題である、「スーパー誰とでも定額」は専用のソフト等は必要なくスマホ標準のソフトから通話をすることができます。

Y!mobileの最安値である、「Sプラン」に「スーパー誰とでも定額」を追加して利用した場合は、月額2,680円+1000円となるので合計3,680円から利用することができます。

イオンモバイル:050かけ放題(月額1,500円)

先ほどもご紹介したイオンモバイルには、無制限かけ放題プランがあります。それが、月額1,500円から利用することができる「050かけ放題」です。

また、このかけ放題オプションはデータSIMのみのプランでも利用することができます。この「050かけ放題」は050IP電話サービスを利用した、電話かけ放題サービスです。

イオンモバイルの最安値プランである「データ1GBプラン」に「050かけ放題」を追加して利用した場合は、月額480円+1500円となるので合計1,980円から利用することができます。

UQモバイル:国内かけ放題(月額1,700円)、10分かけ放題もあり(月額700円)

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルは、auがサブブランドとして運営する格安SIMです。UQモバイルは、格安SIM業界No.1の回線速度を誇る格安SIMです。

UQモバイルは、月額1,980円から利用することができます。料金プランも2種類から選ぶシンプルなプランでRプランは月額2980円から利用できます。データ容量は3GBと10GBです。

UQモバイルは、2種類のかけ放題プランから選ぶことができます。月額1,700円から利用できる国内かけ放題と月額700円から利用できる国内10分かけ放題です。

10分かけ放題プランはUQモバイルが最安値であると言っても過言ではありません。また、au回線を利用した国内かけ放題オプションの回線安定感は抜群です。

UQモバイルの最安値プランである「Sプラン」に「国内かけ放題」を追加して利用した場合は、月額1,980円+1,700円となるので合計3,680円から利用することができます。

また、「Sプラン」に「国内10分かけ放題」オプションを追加して利用した場合は月額1,980円+700円となるので、合計2,680円から利用することができます。

まとめ:格安SIM各社の話し放題を比較しても料金はそれほど変わらない

皆さんいかがでしたでしょうか?格安SIMの各社かけ放題プランをそれぞれ比較してみました。かけ放題プランはあくまでオプションのため、今回は通常プランとの合算比較をしました。

10分かけ放題プランの最安はUQモバイルの700円でしたが、合算での最安値は、nuroモバイルの月額1800円でした。また、実用レベルで比較したときは、LINEモバイルとイオンモバイルの月額1,980円が最安と言えるでしょう。

無制限かけ放題については、UQモバイルとY!mobileがいい勝負です。料金プランは、10分かけ放題、無制限かけ放題ともに同じ金額です。

総合的に回線速度や無制限かけ放題等を考えた際には、やはりUQモバイルとY!mobileが先行、LINEモバイル等が次点といったところだとは思います。

しかし、各社それぞれ特徴がありますので格安SIMを選ぶ時には、回線速度やかけ放題以外の付加価値にも注目してみてください。

 

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル