ソフトバンクのアイフォンを格安SIMに乗り換え

現在ソフトバンクでスマホを契約している方で、格安SIMに乗り換えたいと考えている方は多いと思います。

今回はソフトバンクの回線を利用しているおすすめの格安SIMのサービス内容や、ソフトバンクで契約しているiPhoneを乗り換える際の注意点についてご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

ソフトバンクのアイフォン(iPhone)を格安SIMに乗り換える際の注意点

auやドコモのiPhoneで格安SIMのソフトバンク回線に乗り換える時はSIMロック解除をしておく

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、乗り換え前と乗り換え先の回線が異なる場合はSIMロック解除をする必要があります。

現在auやドコモのiPhoneを利用している方が、ソフトバンクの回線を利用している格安SIMに乗り換える際はSIMロック解除をしなくてはいけません。

店舗契約ができる格安SIMもキャンペーンが適用されるネット申し込みがおすすめ

格安SIMは基本的に店舗を持たない会社が多いですが、中には店舗を持っていて店舗契約が可能な格安SIMもあります。店舗契約は直接店員さんと話ができて安心ですが、お得に契約するにはネット申し込みがおすすめです。

ネット申し込みのメリットはキャンペーンが適用されるため、キャッシュバックや割引などのサービスを受けることができるからです。格安SIMそれぞれに魅力的なキャンペーンがあるので、契約前にキャンペーン内容をチェックすることも大切です。

ソフトバンクのアイフォン(iPhone)を格安SIMに乗り換えるタイミングは?

2年契約プランの場合は更新月に乗り換える

大手キャリアでは2019年に2年契約が撤廃されたプランが登場していますが、旧プランのまま使っている場合は注意が必要です。

2年契約プランの場合は、期間が終了する前に格安SIMに乗り換えると違約金が発生してしまいます。

違約金を支払うのは勿体無いので、更新月の際に格安SIMに乗り換えることで余計にお金を支払うことを避けることができます。

大手キャリアは解約月の料金が日割りにならないため月末頃に乗り換えるのがおすすめ

大手キャリでの契約を解約する際は支払い料金が日割りになると思われがちですが、日割りにはならないため乗り換える際は月末がベストなタイミングです。

月額料金を安くするために格安SIMに乗り換えるのに、乗り換え前に余分なお金を支払わないように注意必要です。

格安SIMによっては初月無料で使えるところもありますが、解約の際に日割りにならないことを考えると、やはり月末頃に乗り換えた方が安くつきます。

ソフトバンクの場合は10日、20日、月末締めの3パターンがあるため注意

先ほど月末頃の乗り換えがおすすめと話しましたが、ソフトバンクはauやドコモにはない10日締め、20日締めのユーザーも存在します。必ずしもすべてのソフトバンク契約者が月末締めとは限らないため、乗り換え前に自身の締め日を確認しましょう。

もし締め日が10日であれば、10日を過ぎる前に乗り換えするのが良いです。

ソフトバンクのアイフォン(iPhone)を格安SIMに乗り換える手順

ソフトバンクのショップ・電話窓口・サイトでMNP予約番号を取得する

MNP予約番号を取得することで、現在大手キャリアで使用している電話番号を格安SIMでも使用することができます。電話番号を変えると、家族や友人に新しい電話番号を伝えて登録してもらわないといけないので非常に大変です。

MNP予約番号は、ソフトバンクのショップ・電話窓口・サイト上で取得することができます。自分で行う方法が分からなく不安という方は、ソフトバンクのショップでMNP予約番号を取得することをおすすめします。

格安SIMの公式サイトから申し込みをする

MNP予約番号を取得した後は格安SIMの公式サイト、もしくは格安SIMの店舗で申し込みを行います。申し込みの際には運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の画像が必要なので、申し込みをする前に準備をしておく必要があります。

申し込みを格安SIMの公式サイトから行う場合、回線やプランなどを選択するだけなので非常に簡単に申し込みを行うことができます。

MNP転入切替手続きとAPN設定を行う

格安SIMの申し込みが終わると、SIMカードが自宅に1週間ほどで届きます。SIMカードが届いた際に、MNP転入切替の手続きとAPN設定を行う必要があります。MNP転入切替手続きは数時間で完了しますが、数時間の間は携帯電話回線が利用できません。

APN設定とは「アクセスポイント名」の略で、インターネットに繋ぐ際に必要となる設定です。APN設定は格安SIMで新しくスマホをセット購入して初めてSIMカードを装着した場合や、SIMロック解除して大手キャリアのスマホを格安SIMで利用する際に必要な設定です。

ソフトバンクのiPhoneを使っている方がソフトバンク回線を利用している格安SIMに乗り換える場合には、APN設定をする必要はありません。

ソフトバンク回線あり!アイフォン(iPhone)を乗り換えるのにおすすめの格安SIM

【LINEモバイル】トリプルキャリア回線対応で全回線の料金プランが共通

LINEモバイル

 

LINEモバイルはau、ドコモ、ソフトバンクの3回線に対応しているので、SIMロック解除をする必要がありません。

また、2種類以上の回線に対応している格安SIMの多くでは、回線種類によって月額料金が異なることがほとんどです。中でも、ソフトバンク回線は他の2回線に比べて高い傾向にあります。

しかしLINEモバイルは全回線の料金プランが同じなので、ソフトバンク回線への乗り換えでも料金の差を気にすることなく契約することができます。

さらにLINEモバイルはソフトバンクの子会社のため、3回線のうち一番力を入れているのはソフトバンク回線です。ソフトバンクのiPhoneを乗り換えるのであれば、ソフトバンク回線を選択して利用するのがおすすめです。

主要SNSと対象の音楽アプリが使い放題

格安SIMには使い放題サービスを提供している会社がありますが、LINEモバイルも使い放題サービスを提供しています。LINEモバイルには、主要SNSと対象の音楽アプリを利用する際にデータ通信量を消費しない「データフリー」というオプションがあります。

データフリーの対象サービスは、LINE、Instagram、Twitter、Facebook、LINE MUSIC、Spotify、AWAの7つです。以前まではSpotify、AWAは対象サービスではなかったのですが、新しく対象サービスとして追加されています。

SNSはスマホを利用する際に良く使うアプリだと思いますので、SNSが原因で通信制限に引っかかったことがある方もいるのではないでしょうか。外出時にもSNSや音楽アプリをデータ通信量を気にすることなく、利用できるのがデータフリーの大きな特徴です。

【Y!mobile】数少ない大手キャリアのサブブランド格安SIM

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileはソフトバンクのサブブランド格安SIMで、ソフトバンクの高品質な回線を利用できるという特徴があります。他の格安SIMは大手キャリアから回線を借りて運営しているので、通信速度が遅い時間帯などが発生してしまいます。

Y!mobileは通信速度が速くて安定しているので、時間帯に関係なくスマホを快適に使用することができることが大きなメリットです。

全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがあり店頭で相談可能

格安SIMと大手キャリアの違いは沢山ありますが、その中でも店舗を持っているか持っていないかということもその1つです。ほとんどの格安SIMは店舗を持たなく、ウェブサイト上にて契約や問い合わせができるようになっています。

ウェブサイト上で契約や問い合わせが行えることは非常に便利ですが、直接店舗で相談をしたいという方もいると思います。Y!mobileは全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがあり、店舗でスタッフの方に直接プラン内容やサービス内容について相談することが可能です。

チャットや電話の問い合わせでは上手く聞けないことも、店舗ならスタッフの方が目の前にいるので聞きやすいです。Y!mobileはイオンモールなどのショッピングモールの中にもあるので、家族や友人とのショッピングついでにも寄ることができます。

【mineo(マイネオ)】低速通信使い放題のパケット放題オプションあり

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは月額350円を支払うことで、最大500kbpsのデータ通信が使い放題のパケット放題オプションを追加することができます。最大7カ月780円割引が適用されるキャンペーンも開催されているので、今なら普段よりも安くオプションを追加できるチャンスです。

顧客満足度が格安SIMの中で1番

mineoは顧客満足度が格安SIMの中で1番高く、実際にmineoを利用しているユーザーからも強く信頼されています。

「マイネ王」というmineo公式のコミュニティサイトがあるのも、ユーザー満足度が高い要因の1つです。mineoを利用してわからないことがあった場合は、Q&Aで質問をすれば他のmineoユーザーが答えてくれるため、格安SIM初心者でも安心して利用することができます。

また、トリプルキャリア回線に対応していて、対応端末も500種類以上と豊富。いま利用しているスマホをSIMロック解除などなしにそのまま乗り換えることができのもポイントです。

まとめ

今回はソフトバンクのiPhoneを乗り換える際の手順や、乗り換えるタイミングについてご紹介しました。ソフトバンクのiPhoneを乗り換える際の注意点やタイミングに気をつけることで、余計なお金や手間を省いて格安SIMに乗り換えることが可能です。

これから格安SIMに乗り換えを考えている方は、お伝えした内容を是非格安SIM選びの参考にしていただければ幸いです。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル