現在iPhoneを利用されている方の中には、格安携帯会社に乗り換えた後もそのままiPhoneを使用したいと考えている方もいると思います。

今回はiPhoneを格安携帯会社で使う際に、おすすめの会社の特徴やサービス内容についてご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

iPhoneを格安携帯で使うのにおすすめの会社

LINEモバイル:Twitter、Instagramなどの主要SNSが使い放題

LINEモバイル

 

LINEモバイルには、データフリーという機能があります。データフリーは対象サービスを利用する際に、データ通信量を消費することがありません。対象サービスは、LINE, Facebook, Instagram, LINE MUSIC, Twitterがあります。

万が一通信制限に引っかかってしまった場合も、データフリー対象サービスの通信速度が落ちることはないので安心です。データフリーを利用することで動画や画像をすぐに読み込め、メッセージも問題なく送受信可能なので常にSNSを快適に使えます。

データフリーを使用することで、毎月のデータ通信量を30%も節約することができます。節約できたデータ通信量は、他のアプリなどにも使えるので通信量に余裕を持ってスマホを使えます。

データ通信量をLINEを通してプレゼントできる

契約したデータ通信量が余ってしまうと、少し損した気分になってしまいます。LINEモバイルでは余ったデータ通信量をアプリのLINEを通して、LINEモバイルを利用している家族や友人にプレゼントすることが可能です。

家族や友人がデータ通信量を使い切ってしまい困っている際に、自分の余ったデータ通信量をプレゼントして助けることができます。家族や恋人同士でLINEモバイルを契約すると、困った時に助け合うことができることも1つのメリットです。

 

BIGLOBEモバイル:通信量のかかるYouTube、U-NEXT等が使い放題

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというオプションがあります。エンタメフリー・オプションは定額料金を支払うことで、対象サービスを利用する際にデータ通信量を消費することなく楽しめます。

対象サービスは、YouTube・AbemaTV・U-NEXT・Apple Music・Spotify・らじる★らじるなどがあります。現在も対象サービスが沢山ありますが、これからさらにサービスが追加される予定となっています。

データ通信量に関して動画の見過ぎが原因で、通信制限に引っかかってしまったことがある方も多いと思います。そのような方はエンタメフリー・オプションを利用することで、動画による通信制限に引っかかることを防ぐことができます。

Gポイントを貯めて使うことができる

BIGLOBEモバイルにはGポイントというポイントサービスがあり、1Gポイントを1円として利用可能です。BIGLOBEモバイルに申し込みが終わった後に、Gポイントの利用手続きをすることで使い始めることができます。

BIGLOBEモバイルの毎月の支払いや、ショッピングやコンテンツを利用することでポイントを貯めれます。コンテンツには動画や占いがあるので、楽しみながらポイントを貯めることが可能です。

Gポイントは120種以上のポイントやギフト券、現金などと交換することができます。ポイントを交換できる種類が多いので、自分に合ったポイントの使い方が見つかるはずです。

 

UQモバイル:通信速度で選ぶならダントツNo.1

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金
プランS
(3GB)
1,980円
プランM
(9GB)
2,980円
プランL
(14GB)
3.,980円
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)

UQモバイルは格安SIMの中で1番通信速度が速く、他の格安SIMと比べてもネットの混雑時なども問題なくスマホを使用できます。格安SIMは通信速度が遅いと思われている方も、UQモバイルは通信速度が速いので安心して利用することができます。

通信速度が遅いと動画や画像を見る時に読み込みが遅いので、ストレスが溜まってしまいます。UQモバイルなら通信速度が速いので、スマホを利用する際の通信速度でストレスが溜まることがありません。

 

Y!mobile(ワイモバイル):高速かつ安定した通信速度

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
1年目:2,980円
2年目:3,980円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランL
(21GB)
1年目:4,980円
2年目:5,980円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

格安SIMは大手キャリアから回線を借りて運営していますが、Y!mobileはソフトバンクの自社回線を利用しています。ソフトバンクの高品質の回線を利用しているので、Y!mobileの通信速度は時間帯に関係なく速いだけでなく安定しています。

全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがある

ほとんどの格安SIM会社は実店舗を持っていないので、問い合わせる際はメール・チャット・電話のみの対応ということがほとんどです。スマホに慣れていない方にとっては、直接相談できた方が良いかもしれません。

Y!mobileは全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがあるので、問い合わせたい時に直接店員さんと話すことができます。ショッピングモール内にもワイモバイルショップがあるので、アクセスもしやすいという特徴もあります。

現在大手キャリアで契約されている方で格安SIMに乗り換えを検討されている方は、一度店舗で料金やサービス内容について聞くこともおすすめです。子供が楽しめるイベントなども行われていることがあるので、お子様連れの方でも安心して立ち寄れます。

 

mineo(マイネオ):回線が3種類あるためSIMロック解除不要

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、SIMロック解除をする必要なくスマホを利用する方法があります。それは現在契約しているキャリアと、乗り換える際の格安SIMの利用している回線が同じ場合です。

ドコモから格安SIMに乗り換える場合、ドコモの回線を利用している格安SIMに乗り換えるとSIMロック解除をする必要がありません。mineoはドコモ・au・ソフトバンクの3回線を利用しているので、大手キャリアから乗り換える時にSIMロック解除不要となります。

SIMロック解除がないことで、手間が省けるのでスムーズに乗り換えが可能です。またmineoの使用可能端末は500種類以上あるので、端末の選択肢も沢山あります。端末にこだわりのある方も、自分のお気に入りのスマホを選ぶことができます。

 

IIJmio(みおふぉん):家族で利用すると非常に安くすることができる

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioには、「大容量オプション」というサービスがあります。大容量オプションは毎月20GBを月額3,100円、30GBを月額5,000円で追加なデータ増量オプションです。1つの契約で複数のSIMでシェアできるので、家族で利用する場合も非常にお得なオプションです。

大手キャリアでデータ通信量20GBを契約すると約6,000円かかるので、IIJmioで契約することで大きく節約することが可能です。データ通信量をあまり使用しない月はオプションを外すこともできるので、データ通信量を無駄にすることも防げます。

 

楽天モバイル:対応エリアはデータ通信使い放題&通信制限後も1Mbpsで使える

Rakuten UN-LIMIT
エリア
楽天回線
パートナー回線
プラン料金2,980円→一年無料
データ通信制限なし5GB/月
国内通話Rakuten Link利用で0円
SMSRakuten Link利用で0円

楽天モバイルは楽天回線エリアでは、データ通信が使い放題です。楽天回線エリアについては、楽天モバイルのホームページから詳しく確認ができます。

楽天モバイルのスーパーホーダイプランは、データ通信量を使い切った場合も最大1Mbpsで使い放題です。データ通信量を使い切ってしまうと追加のデータ通信量代がかかるので、月額料金が高くなります。楽天モバイルなら、追加のデータ通信量を支払う必要がありません。

楽天ポイントを貯めれる・使える

楽天モバイルの毎月の支払額100円につき楽天ポイントを1ポイント貯めれます。また通話SIMを利用している方は、楽天市場の買い物で獲得できるポイントが+1倍もらえます。貯まったポイントは、毎月の支払いにも使うこともできます。

 

まとめ

今回はiPhoneを使うのにおすすめの格安携帯会社を7社お伝えして、それぞれのメリットについてご紹介しました。

iPhoneを格安携帯会社で利したいと考えられている方は、是非参考にしていただければと思います。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル