格安スマホの着信は料金がかかる?

一昔前の格安SIMは、インターネット通信は安いが通話料金が高いというイメージを持たれていました。そのため、通話をメインに利用する人は、インターネット通信料が高くても大手キャリアを使い続ける方が多く、格安SIMは通話に弱いというイメージがありました。

格安SIMは通話料金が高いんじゃないの?や格安SIMは通話サービスが悪いんじゃないの?など、通話料金に対する疑問や不信感を持っていませんか?

本記事では、格安SIMの今の通話料金や、格安SIMでも通話料金を節約する方法を紹介します。格安SIMは通話料金が高いというイメージは、もうありません。格安SIMは、通話料金「も」安いことを紹介していきます。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安スマホ・格安SIMの通話料金について

格安SIMの着信時の通話料金はも大手キャリアと同じく0円

格安SIMとはいえ、電話機能は大手キャリアや家などの固定電話と変わらず発信側が料金を支払うシステムですので、着信時の通話料金は0円です。着信機能しか使わないのであれば、基本料金だけで利用でき、月額料金を抑えることができます。

格安SIMの発信時の通話料金は大手キャリアと同一で20円/30秒

一方、格安SIMを使って電話を発信するときも、大手キャリアの通話料金と変わらず、30秒で20円の通話料がかかります。どのキャリアでも基本的には同じ料金ですので、大手キャリアで通話し放題など、通話オプションに加入していなければ、通話に関しては大手キャリアと同じ料金で利用することになります。

格安SIMでは各社の専用アプリを使えば通話料金が半額の10円/30秒になる

格安SIMで電話を使うのでしたら、格安SIMを提供している会社ごとに専用の通話アプリを使って通話することで、通話料は半額の30秒10円になります。専用アプリ自体は連続通話時間や通話料金の制限がありませんので、格安SIMを使って通話をするなら、通話アプリを使わない意味がありません。

なお、通話アプリでつながらない回線がいくつかあります。例えばフリーダイヤルです。格安SIM会社が提供している通話アプリが利用できない場合は、通常の通話アプリを使って通話することになります。

格安SIMで通話料金を抑える方法

10分かけ放題などの通話定額オプションに加入する

これまでは一般的な通話料金を紹介しましたが、最近は大手キャリアでは一定時間通話し放題などのオプションサービスを提供しています。格安SIMでも同じように、10分かけ放題などの定額通話オプションを提供している場合がありますので、格安SIMで通話頻度が高い場合はオプションサービスを利用することをおすすめします。

かけ放題オプションは、10分かけ放題の他に5分かけ放題や3分かけ放題など、時間制限のあるかけ放題サービスがほとんどです。もしも無制限のかけ放題サービスを利用するなら、Y!mobileもしくはUQモバイルなど、一部の格安SIMを選ぶ必要があります。

LINEなどのアプリ通話を活用する

別の方法としては、LINEやFace timeなどの通話アプリを利用する方法があります。LINEなら友達になっている、Face timeならApple IDが必要など、電話番号以外でつながる必要がありますが、インターネット回線を使いますので、通話料金を抑えることが可能です。

注意してほしいのは、LINEやFace timeなどのアプリ通話は、データ容量を消費しているという点です。あまり頻繁にアプリ通話で通話をしてしまうと、データ容量を使い切ってしまう可能性があります。特にテレビ電話はデータ容量を大幅に消費してしまうため、気づいたら通信制限ということも珍しくありません。

アプリ通話でデータ通信を抑える方法は2つあります。1つ目はWi-Fiを使うことです。もう1つはアプリ通話をするときは低速通信を使うことです。一部の格安SIM会社は、高速通信と低速通信を切り替える事ができますので、アプリ通話のときは低速通信にい切り替えることで、データ容量を効率的に使うことができます。

アプリ通話は200kbps程度の低速通信でもほとんど遅延がありませんので、通信速度切り替えができる格安SIMを利用している場合は積極的に切り替えることをおすすめします。

「SMARTalk」などのIP電話サービスを利用する

IP電話を使う事で通話料金を抑えることができます。IP電話は、アプリ通話と同じようにインターネット回線を利用するのですが、050から始まる電話番号を保有できる点がアプリ通話と異なる点です。IP電話なら、普通の電話と同じように使うことができます。

IP電話はインターネット回線を利用しているため、普通の電話料金よりも格安で利用することができます。また、回線によっては通話し放題になることもあります。ただし、インターネット回線を利用するので、アプリ通話と同じようにデータ通信を消費する点はアプリ通話と同じです。

スマートフォン向けIP電話サービスで有名なサービスは「SMARTalk」です。その他にもNTTコミュニケーションズが提供している「050 plus」などは、誰でも契約できるIP電話サービスです。

格安SIM会社独自でIP電話サーイビスを提供している場合もあります。例えばmineoでしたら「LaLa Call」というIP電話サービスを提供していますし、イオンモバイルの050かけ放題オプションなら、IP電話なら通話し放題というサービスもあります。

音声通話におすすめな格安SIM

LINEモバイル:データフリー機能でLINE通話も使い放題

LINEモバイル

 

格安SIMで通話料金を抑える方法を紹介しましたが、どの格安SIMが良いか迷っているなら、LINEモバイルは非常におすすめできる格安SIMです。LINEモバイルの特徴は、基本料金や月額料金が格安SIMの中でも最安クラスです。

また、LINEモバイルならどのプランで契約してもLINEの高速通信が使い放題です。メッセージのやりとりや音声通話は当然ですが、ビデオ通話も高速通信が使い放題です。ビデオ通話の場合、低速通信ですと多少遅延が発生してしまいますが、LINEモバイルならテレビ電話でもほぼ遅延は発生しません。

合わせて、SNSデータフリーオプションを契約することで、TwitterやFacebook、Instagramも高速通信使い放題になります。利用したいアプリによってオプション名が変わりますが、SNSを頻繁に利用している方もおすすめです。

LINEはもはやスマートフォンの必須アプリと言っても過言ではありませんから、格安SIM選びに迷うなら、全体的にバランスが良いLINEモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

UQモバイル:「24時間かけ放題」「10分かけ放題」「60分/月通話パック」の3種類がある

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

電話番号を使った音声通話のかけ放題サービスを利用するならUQモバイルがおすすめです。UQモバイルは、2つのかけ放題オプションを提供しており、24時間かけ放題か10分かけ放題を選ぶ事ができます。かけ放題にしなかったとしても、大手キャリアで提供している通話パックもあります。

UQモバイルの特徴はかけ放題だけではありません。ネット通信も安定しています。ネット通信速度は大手キャリア並の通信速度で、なおかつ速度遅延がほとんどありません。その理由は、UQモバイルはauのサブブランドで、au回線を他の格安SIMよりも優先して利用できるからです。

料金面は大手キャリアよりももちろん安いですから、auスマートフォンやSIMフリースマホを利用している方で、ネット通信速度が安定している格安SIMを選びたい、合わせて通話し放題サービスも利用したいなら、UQモバイルがおすすめです。

まとめ

格安SIMの通話料金の紹介と、通話料金の節約方法を紹介いたしました。通話料金を抑えるポイントは3点です。

  • 格安SIMの通話料金は大手キャリアの通話料金と同じく30秒20円の料金で利用可能
  • 格安SIM会社が提供している通話アプリを利用することで30秒10円と通話料金が半額になる
  • 格安SIMで通話料金を節約したいなら通話し放題サービスやアプリ通話、IP電話サービスを利用する

格安SIMで通話するなら通話アプリは必須ですが、定額時間の通話し放題サービスはもちろんのこと、電話回線を使わなくても通話できる時代です。あなたの利用方法に合わせた節約方法で、節約しながら通話もインターネットを賢く利用してきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月 0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル