フレッツ光や光コラボ回線からauひかりに乗り換える際の注意点は?

インターネットの固定回線ってそうそう頻繁に変えるものではないので、今使っている回線からauひかりに乗り換える場合にはどうすればいいかわからないことも多いと思います。

そこで今回は、フレッツ光や光コラボレーションの回線からauひかりに乗り換える際の注意点について解説していきます!

 

\キャッシュバック最高額の代理店はこちら/
auひかり

 

auひかりは他社回線よりお得なのか?

他社回線より月額料金が安い

そもそもauひかりは他社回線より料金がお得なのかという点ですが、結論から言うとauひかりは他のインターネット回線と比べると月額料金が安いです。

回線名ホーム/
マンション
工事費キャッシュ
バック
auひかり5,100円
3,800円
実質無料52,000円
フレッツ光5,500円
4,250円
15,000円5,000円
ケーブルテレビ6,150円
5,100円
37,500円20,000円
ドコモ光5,200円
4,000円
24,000円28,000円
ソフトバンク光5,200円
3,800円
18,000円15,500円

上記表の通り、ホーム(戸建て)タイプ、マンション(集合住宅)タイプともに月額料金が安い上、工事費が実質無料、さらに申込時にもらえるキャッシュバック金額が非常に多いということで、他社よりもお得に使うことができます。

auスマートバリューでさらに料金がお得に

さらにauスマホを使用している場合は「auスマートバリュー」という割引が適用できるため、さらに月額料金を安くすることができます。

プラン名割引額
ピタットプラン5G
ピタットプラン4GLTE
1GBまで対象外
1GB超~7GB500円
ピタットプラン5G(s)
ピタットプラン4GLTE(s)
2GB超~7GB500円
データMAX 5G
データMAX 4G LTE
1,000円

※現行プランのみ記載しています

例えば家族5人でauスマホを使用していれば約5000円の割引になりますので、これだけでauひかりの月額料金をまかなえる金額になりますね。

インターネット回線をauひかりに変えるタイミングでスマホもauに乗り換えるというご家族も多いです。

その他にもauひかりにはたくさんメリットがありますので、詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

auひかりとその他の回線の違い

インターネット回線の中で最も有名なのはNTTフレッツ光ですが、現在はそれ以外にもソフトバンク光やドコモ光などの携帯キャリアが提供する光回線、So-netやBIGLOBEなどのプロバイダが提供する光回線など種類がたくさんあります。

しかしこれらのほとんどは「光コラボレーション」という、いわゆるフレッツ光の回線を借りてサービスを行っているため、例えばフレッツ光から光コラボの回線に乗り換えを行う場合は、転用手続きを行うだけで工事不要で回線の切り替えが可能です。

ところがauひかりは光コラボレーションとは違って独自回線を使用しているため、転用ではなく元の回線を解約して新たに契約するという流れになります。

転用と違って開通のためには工事が必要ですので、申し込みをしてから実際にインターネットが使えるようになるまでにはある程度の日数がかかります。

元の回線を早く解約しすぎるとインターネットを使えない期間ができてしまうので、auひかりの開通までにかかる日数をしっかり把握して申し込みを行わなければなりません。

auひかりの開通までにかかる日数と申し込み、解約の手順

auひかりの開通までにかかる日数は公式ホームページにも明記されていますが、ホーム(戸建て)タイプは1~2ヶ月、マンション(集合住宅)タイプは約2週間かかります。

 

上記の日数を目安にして、以下の手順で手続きを行いましょう。

  1. auひかりに申し込む
  2. 工事日を決定する
  3. 工事日をもとに元の回線を解約する

元の回線を解約する前にauひかりを申し込むことで、インターネットが使えない期間を最小限に抑えることが出来ます。

乗り換え元の回線も設備撤去などの工事が必要になる可能性がありますので、auひかりの開通工事日が決まったら、早めに乗り換え元の会社に連絡をしてどのタイミングで解約になるのかなどを聞いておくことをオススメします。

auひかり解約時のことも知っておこう

インターネット回線は一度使用し始めたら切り替える機会は非常に少なく、平均利用年数は5年と言われています。

とは言え、もしauひかりを解約する際の注意点については予め知っておいた方が良いでしょう。

契約解除料について

 契約年数
(自動更新)
契約解除料
ホーム
ずっとギガ得
3年契約15,000円
ホーム
ギガ得
2年契約9,500円
マンション
お得プランA
2年契約7,000円

どのインターネット回線も2年、もしくは3年契約の自動更新が基本ですが、auひかりも同様です。

ホームタイプで人気のずっとギガ得プランは3年契約の自動更新ということで期間が長いため、少し注意が必要かもしれません。

とは言え、auひかりに乗り換えた時にキャッシュバックや違約金負担キャンペーンがあったように、多くの場合は違約金を相殺できるようなキャンペーンがありますので、それほど問題になることはないと思います。

ホームタイプの撤去費について

auひかりのホームタイプに限り、解約時に設備撤去費が28,800円かかります。設備の残置は選択することが出来ないため、解約時の撤去は必須です。

28,8000円という金額は決して小さいとは言えないため、撤去費に関しては留意しておきましょう。

撤去費分を予めまかなっておくという意味も込めて、auひかりを申し込む際はキャッシュバック金額の高い代理店をしっかりと選ぶことをオススメします。

まとめ

auひかりは光コラボレーションの回線と違って開通までに日数がかかります。

しかし、事前に手順をしっかりと把握した上で乗り換え元の回線の解約とauひかりの新規申し込みを行えば、インターネットが使えなくて期間ができてしまって不便という事態は避けられます。

auひかりの詳しい料金、内容、メリット、キャッシュバックなどについては以下の記事にまとめていますので、気になったあなたはぜひ参考にして下さいね!

 
最大52,00円キャッシュバック!