2019年2月1日、LINEモバイルで「HUAWEI nova lite 3」の販売が開始されました!

前シリーズであるHUAWEI nova lite 2は2万円台ながら高スペックでコスパが非常に高いスマホでしたが、HUAWEI nova lite 3はそれをさらに上回る性能となりました。

他のAndroidスマホと比べても同価格帯では突出した性能で、管理人もイチオシのスマホです。

今回は、HUAWEI nova lite 3の性能レビューと、HUAWEI nova lite 2やその他のLINEモバイル販売端末との比較についてまとめていきます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

HUAWEI nova lite 3の性能・スペック一覧

まずはMoto E5のスペックを見てみましょう。簡潔に言うと、HUAWEI nova lite 3は2万円台の低価格スマホながら5万円台のAndroid端末と同等の性能を持つ、超コスパが高いスマホです。

ZenFone Max(M2)スペック
外観
発売日2019年2月1日
SIMロックSIMフリー
サイズ155.2×73.4×7.95(mm)
重量
約160g
ディスプレイ約6.21インチ TFT液晶
解像度2340 x 1080 FHD+
OSAndroid 9
CPUHUAWEI Kirin 710
4×2.2GHz A73
+ 4×1.7GHz A53
(オクタコア)
GPUAdreno 506
ROM32GB
RAM3GB
外部メモリmicroSDXC(最大512GB)
バッテリー3,400mAh
メインカメラ1,300万画素
+ 200万画素
インカメラ1600万画素
連続待受時間約653時間 (LTE)
連続通話時間約1,500分 (3G)
防水/防塵
生体認証指紋認証、顔認証
おサイフケータイ
テザリング
Bluetooth4.2
DSDS or DSDVDSDV
SIMスロットnanoSIM
+ nanoSIM or microSD
充電端子microUSB
カラーオーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
価格(税抜)一括:26,880円
分割:1,220円×24

HUAWEI nova lite 3のディスプレイサイズ、本体サイズとiPhoneシリーズ、HUAWEI nova lite 2との比較

HUAWEI nova lite 3とiPhoneシリーズの比較

ディスプレイや本体は単体で見てもピンとこないと思いますので、スマホで一番人気のiPhoneシリーズと比較してみます。

HUAWEI nova lite 3は本体サイズ的にはiPhone XS Maxが近く、スマホの中でもかなり大きい部類です。

ディスプレイはiPhone XSシリーズと同じくオールスクリーンディスプレイになっているため、通常のスマホよりディスプレイサイズが大きく6.21インチ。

iPhone XS Maxの6.5インチには及びませんが、発売日時点ではHUAWEI nova lite 3のディスプレイサイズはAndroidスマホの中で最大です。

HUAWEI nova lite 3とHUAWEI nova lite 2の比較

前シリーズのHUAWEI nova lite 2とも比較してみましょう。

サイズはHUAWEI nova lite 3の方が縦幅が約5mm長いですが、全体的にそれほどサイズは大きく変わりません。

HUAWEI nova lite 2は通常のディスプレイのため、オールスクリーンディスプレイのHUAWEI nova lite 3と比較すると0.56インチもの差があります。

本体サイズはほぼ変わらないのにディスプレイは大きいということで、よほどの理由がない限りはnova lite 3の方が良いですね。

HUAWEI nova lite 3の処理能力(CPU, RAM, ベンチマーク)とHUAWEI nova lite 2、その他端末との比較

HUAWEI nova lite 3とHUAWEI nova lite 2の比較

CPUだけ見るとnova lite 2方が良さそうと思ってしまうかもしれませんが、処理性能はnova lite 3の方が高いです。

CPUやRAMだけでは分かりづらいため、ベンチマークソフト「Geekbench」と「AnTuTu」のスコアを見てみましょう。

どちらもnova lite 3の方が1.5倍ほどの数値になっており、HUAWEI nova lite 2よりもかなり性能が高いことが分かります。

にもかかわらず端末価格は1000円程度しか変わらないということで、nova lite 3は完全に上位互換となっています。

HUAWEI nova lite 3とその他LINEモバイル販売端末との比較

 Geek
bench
AnTuTu端末価格
(一括)
arrows M04
1,461
36,247
32,800円
Moto E5
1,834
45,098
18,800円
AQUOS sense
lite SH-M05
2,407
51,881
33,800円
ZenFone Live(L1)
2,563
45,000
17,800円
AQUOS sense2
SH-M08
3,580
74,000
34,800円
HUAWEI
P20 lite
3,756
87,017
31,980円
HUAWEI nova
lite 2
3,757
88,496
25,980円
iPhone SE
32GB
4,123
129,156
30,800円
iPhone SE
128GB
4,123
129,156
40,800円
ZenFone 5
5,055
139,747
52,800円
HUAWEI nova
lite 3
5,211
128,056
26,880円
HUAWEI P20
6,626
207,112
69,800円

LINEモバイルで販売している端末の価格とベンチマークスコアを比較してみました。

見ていただくと分かる通り、nova lite 3は他の同価格帯のスマホとは比ぶべくもないほど性能が高く、5万円台であるZenFone 5と同等の性能となっています。

2万円台でこの性能は破格中の破格で、処理性能もある程度気にするという場合でも十分に満足の行くレベルです。

ネット検索、メール、LINE、Twitterなど普段使いはもちろん、よほど重たい3Dゲームでない限りはサクサク動作します。

HUAWEI nova lite 3のバッテリー容量、電池持ちとHUAWEI nova lite 2との比較

バッテリー容量だけでは実際の電池持ちは判断が難しいため、連続待受時間や連続通話時間を判断基準に使われることが多いです。

ですが、HUAWEI nova lite 3はその2つがメーカー公表のスペック一覧に載っていないため、ベンチマークソフト「PCMark for Android」に備わっている「Work 2.0 battery life」の所要時間で比較しました。

このベンチマークでは、ネット検索などの日常的な軽い作業を繰り返し行って電池が100%から20%になるまでの所要時間が計測されます。

ディスプレイサイズが大きくなった点、処理性能が上がっている点などから電池持ちは少々不安でしたが、HUAWEI nova lite 3の方が2時間ほど電池持ちが長いという結果になっています。

他のAndroidスマホと比べても、約9時間という結果は電池持ちが良い方と言えます。

HUAWEI nova lite 3のカメラ性能とHUAWEI nova lite 2との比較

アウトカメラの画素数はどちらも変わりませんが、HUAWEI nova lite 3は1stレンズのF値が1.8ということで明るいレンズが採用されており、暗いところでも明るい写真を取ることができます。

nova lite 2が価格相応のカメラだったことを考えると、nova lite 3のカメラ性能はこの価格帯としてはかなり高い方ですね。

インカメラの画素数が800万画素から1600万画素にパワーアップ、さらにAIも搭載されているため、お手軽に綺麗なセルフィーが撮れるのも魅力です。

HUAWEI nova lite 3のストレージ容量(ROM, SDカード)とHUAWEI nova lite 2との比較

ROMは32GBで平均的ですが、microSDカードが512GBまで対応しているのでストレージ容量は気になることはないでしょう。

microSDカードは64GBが1500円程度、128GBなら3000円程度で購入できます。

SanDisk microSDXC ULTRA 64GB 80MB/s SDSQUNS-064G Class10 サンディスク

microSDXC 128GB SanDisk アプリ最適化 A1対応 サンディスク UHS-1 超高速U1 専用 SDアダプター付 [並行輸入品]

気をつけたいのは、nanoSIMの2枚目のスロットがmicroSDカードと兼用になっている点。

HUAWEI nova lite 3はDSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)に対応していますが、nanoSIMを2枚挿しする場合はmicroSDカードは使えませんので注意して下さい。

HUAWEI nova lite 3の未対応機能、デメリットなどの注意点

HUAWEI nova lite 3で未対応の機能

  • 防水/防塵
  • おサイフケータイ
  • SIMスロット2がmicroSDと排他

国産スマホだと標準と言ってもいい機能である防水/防塵とおサイフケータイに対応してませんが、価格を考えればトレードオフかなというところです。

ストレージ容量の項目でもお伝えした通り、2枚目のnanoSIMとmicroSDカードは同時に使えませんので、DSDVでの使用を考えている場合は気をつけて下さい。

LINEモバイルでHUAWEI nova lite 3を購入する方法は?

LINEモバイルで端末を購入するには、SIMカードの契約時に併せて希望のスマホを選択すればOKです。大手キャリアと同じように分割支払いを選ぶことも可能なので、毎月の料金に含めるイメージで持つことができます。

LINEモバイルでHUAWEI nova lite 3を購入した場合の月額料金は?

では、LINEモバイルでHUAWEI nova lite 3を購入した時の月額料金について見ていきましょう。

まず、LINEモバイルの料金プランとHUAWEI nova lite 3の端末価格は以下の通りです。

 

端末価格
 一括分割
HUAWEI nova lite 3
26,880円
1,220円×24回

 

LINEモバイルのメリットは、なんと言っても人気SNSが使い放題という点です。

LINEモバイルで一番人気のプランは、「コミュニケーションフリープラン」の3GBです。コミュニケーションフリーではLINE, Twitter, Instagram, Facebookが通信量カウントフリーで使い放題となります。

SNSの通信量は想像以上に多く、何気なく使っているだけでも1~2GB消費していることがよくあります。これらの通信量がカウントされなくなるだけでかなり通信量が浮き、他の格安SIMよりも小さいデータ容量プランを選択することができるため、結果的にどこよりも安く毎月の料金を抑えることが可能です。

音声通話SIM コミュニケーションフリー 分割支払いの月額料金
データ容量基本料金端末代金合計金額
3GB
1,110円
1,220円×24回
2,330円/月
5GB
1,640円
2,860円/月
7GB
2,300円
3,520円/月
10GB
2,940円
4,160円/月

 

ソフトバンクやドコモなどの大手キャリアでは端末代金も含めて月7,000円~10,000円かかるところを、HUAWEI nova lite 3なら10GBを選んだとしても4,160円/月で済んでしまいます。

一番人気の3GBを選んだ場合は、月々たった2,330円。大手キャリアと比べると5,000円近くも安く利用することができます。

まとめ

HUAWEI nova lite 3の性能まとめと、HUAWEI nova lite 2やその他端末との比較について解説しました。

HUAWEI nova lite 2と比較するとほぼ同価格なのに完全上位互換です。他の端末と比べても2万円台なのに5万円台のスマホと同等の処理性能ということで、コスパは破格です。

防水/防塵、おサイフケータイが使えない以外は大きなデメリットがないため、購入する端末に迷ったらとりあえずHUAWEI nova lite 3を選んでおけば間違いありませんね。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

 
 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報