格安スマホの機種で国産はある?

2019年10月以降、スマートフォンの割引が原則2万円に制限されたことで、ハイスペックのスマートフォンが10万円を超えることが当たり前になってきました。そこで低価格で提供されている中国や台湾などの海外産のスマートフォンが注目され、販売台数が増加しました。

ただ、海外産のスマートフォンは価格が安いのですが、日本向けにカスタマイズされていないことが多く、例えばおサイフケータイが利用したくてもFelicaが搭載されていないなど、日本のサービスには対応していないことも少なくありません。

Felicaなど、日本向けにカスタマイズされたスマートフォンが利用したい、という方やUIなどが日本で使いやすいスマートフォンを利用したい方はいませんか?そのような方には、国産のスマートフォンがおすすめです。

そこで本記事では、国産スマートフォンでおすすめの機種と、国産スマホを取り扱っている格安SIM会社を紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

【格安スマホ国産機種1】AQUOS sense3

価格が安くスペックも標準的なスタンダードモデル

AQUOS sense3は、シャープから販売されているスマートフォンです。AQUOS sense3の特徴として、スペックは決してハイスペックではありませんが、特徴は、スマートフォンの機能の中でも、一般的に必要と感じる機能を搭載していることと、ストレスを感じずに利用できることを追求したスマートフォンです。

AQUOS sense3の特徴は、液晶ディスプレイです。TVなどでおなじみのAQUOSの名前を冠したスマートフォンで、液晶ディスプレイにAQUOSの技術とシャープ独自のIGZO液晶ディスプレイを搭載することで、高画質の画像を提供しつつ、消費電力が一般的な液晶ディスプレイよりも抑えられているのが特徴です。

また、AQUOS sense3のもう1つの特徴はバッテリーで、一般的なスマートフォンのバッテリーよりもはるかに大きい4000mAhのバッテリーを搭載しています。AQUOS sense3と同じくらいの大きさでしたら一般的なバッテリー容量は2000mAh程度ですから、約2倍のバッテリーを搭載しているといっても過言ではありません。

IGZOディスプレイと4000mAhバッテリーのおかげで、バッテリーが最大1週間も持つようになりました。また、バッテリーが劣化しづらいのも特徴です。その他にも、防水機能や指紋認証、顔認証、1200万画素の背面カメラなど、通常に使う分には何ら問題がないスマートフォンです。

価格はハイエンドのスマートフォンに比べれば安く購入できるため、スマートフォンを、長く利用したい方には非常におすすめできるスマートフォンです。

取扱いのある格安スマホ:LINEモバイル

LINEモバイル

 

AQUOS sense3はLINEモバイルで取り扱っています。LINEモバイルは数ある格安SIMの中でも非常におすすめしたい格安SIMの1つです。LINEモバイルをおすすめしたいポイントは、分かりやすい料金プランと月額料金の安さです。料金プランの一例ですが、音声通話SIMのデータ容量3GBプランの場合、月額1,480円です。

LINEモバイルでもう1つおすすめしたいサービスが、SNSデータ・フリーオプションです。SNSデータ・フリーオプションは、TwitterやInstagramなどのSNSサービスが、データ容量を気にせずいつでも高速通信で利用できるオプションサービスです。

SNSデータ・フリーオプションには3種類あります。1つ目は「LINEデータフリー」です。SNSの中でもLINEを利用する時に限り、高速データが使い放題です。一般的なメッセージはもちろんですが、音声通話やビデオ通話も高速通信で使い放題です。また、LINEデータフリーは0円で利用できます。

次に、LINE、Twitter、Facebookを主に利用するのでしたら、「SNSデータフリー」がおすすめです。サービス内容は、LINE、Twitter、Facebookに関しては、いつでも高速通信で利用できます。SNSデータフリーの料金は月額280円です。

最後に、LINE、Twitter、Facebookに加えてInstagramやLINE MUSIC、Spotify、AWAといった音楽アプリを高速通信で利用するなら、「SNS音楽データフリー」を選択します。SNS音楽データフリーなら、月額料金480円で利用できます。

【格安スマホ国産機種2】AQUOS sense3 plus

AQUOS sense3よりも大型ディスプレイでスペックも高め

AQUOS sense3 plusは、シャープのスマホAQUOS sense3の基本コンセプトはそのままに、画面サイズや端末スペックをアップグレードした機種です。そのため、AQUOS sense3と同じような特徴を兼ね備えています。

液晶ディスプレイはAQUOS sense3 と同じくIGZO液晶ディスプレイを搭載していますが、画面サイズは6インチと、AQUOS sense3の5.5よりも一回り大きなサイズになったことで、スマートフォンの大きさが一回り大きくなっています。

AQUOS sense3とのもう1つの違いは端末のスペックです。AQUOS sense3よりも高いCPUやメモリを搭載しているため、ゲームなど処理速度が必要なアプリを利用するならAQUOS sense3よりもおすすめです。

それ以外の部分はAQUOS sense3と同じような特徴ですから、AQUOS sense3ではスペック的に少し物足りないと感じる方や、表示される文字を大きくする、映画などを大画面で楽しみたいなど、画面が大きい方が良いというユーザーにおすすめです。

取扱いのある格安スマホ:BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

AQUOS sense3 plusはBIGLOBEモバイルで取り扱っています。BIGLOBEモバイルは、YouTubeやSpotifyなどエンタメ系アプリを頻繁に利用する方におすすめの格安SIMです。料金的には格安SIMの中でも標準的な料金です。一例として、音声通話SIMでデータ容量3GBの場合は月額1,600円で利用できます。

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというサービスをセットで利用することをおすすめします。エンタメフリー・オプションは、動画や音楽、ラジオや電子書籍といったサービスなら、高速通信で使い放題のサービスです。

エンタメ系アプリはデータ容量を大量に消費する傾向にあります。電車やバスなどではYouTubeが欠かせない方、車などで移動中は常にSpotifyで音楽を流しているなど、エンタメ系アプリを日常的に利用している方ならおすすめの格安SIMです。

【格安スマホ国産機種3】Xperia Ace

片手でも操作しやすい小型コンパクトサイズ

Xperia Aceはソニーモバイルコミュニケーションズが提供しているスマートフォンです。Xperia Aceは、今では小さいと感じる、約5インチサイズのスマートフォンです。5インチサイズは、女性でも操作しやすいサイズで、片手でもディスプレイの上まで指が届くサイズです。

5.0インチとは言ってもFull HDサイズと画質は問題なく、カメラは1,200万画素です。CPUやメモリなどは一般的に利用する分には必要十分なスペックを兼ね備えています。防水機能やFelica機能なども搭載しており、まさにサイズ的にも機能的にも使いやすいスマートフォンです。

取扱いのある格安スマホ:IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioは格安SIMの中でも老舗の格安SIMです。今でこそ格安SIMという言葉が浸透しましたが、格安SIMがまだ知られていない時代から格安SIMを運営している会社です。IIJmioの料金は、音声通話SIMで、データ容量3GBの場合は1,600円と、他の格安SIMと比べても標準的な料金プランを提供しています。

IIJmioならではの特徴は、ファミリーシェアプランです。ファミリーシェアプランは、1契約で最大10枚のSIMカードでデータ容量がシェアできます。ファミリーシェアプランのデータ容量は12GBですが、オプションサービスで最大50GB追加できます。

【格安スマホ国産機種4】Xperia 8

6.0インチの大型ディスプレイ、デュアルカメラ搭載のミドルレンジスマホ

Xperia 8は、Xperia Aceと同じくソニーモバイルコミュニケーションズが提供しているスマートフォンです。サイズは6インチで、最近のスマートフォンの中では大きめなサイズのスマートフォンです。

Xperia 8のディスプレイは21.9インチで2,520×1,080の解像度で、2画面操作でも快適に操作できます。カメラは2眼カメラで、通常のカメラと望遠カメラという組み合わせは、他のスマートフォンにはない組み合わせです。

それ以外の機能も、防水・防塵性能や指紋認証、Felicaなど標準的な機能を兼ね備えており、普段使いでも問題なく利用できます。Xperiaの中でも2画面操作や望遠カメラなど他にはない特徴を利用したいならおすすめのスマートフォンです。

取扱いのある格安スマホ:UQモバイル

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルは格安SIMの中でも通信速度に定評がある格安SIMです。UQモバイルの通信速度は、他の格安SIMよりも速く、通信環境が安定しています。通信速度が安定している理由は、UQモバイルはauのサブブランドとして運営されているからです。

UQモバイルの料金プランは2種類あり、音声通話SIMでデータ容量3GBの場合は月額1,980円と、一般的な格安SIMよりも少し高めに設定されています。もう1つのプラン(スマホプランR)は、データ容量10GBで月額2,980円というプランです。

スマホプランRは、データ容量10GBですが、10GBを使い切ってしまい通信制限がかかった場合も、1Mbpsの速度で利用できます。1Mbpsという速度は、スマートフォンを利用する分には問題ない速度のため、実質的に速度制限がないと考えても過言ではありません。

【格安スマホ国産機種5】Xperia 10Ⅱ

有機ELの縦長ディスプレイ、トリプルカメラ、大容量バッテリーなど魅力的要素が満載

Xperia10Ⅱも、ソニーモバイルコミュニケーションズから提供されているスマートフォンです。画像サイズは21:9の6インチのため、Xperia 8と同じサイズ感です。そのため、Xperia 8の後継スマホといえる存在です。

Xperia8との違いは、カメラとバッテリー容量です。まずはカメラです。Xperia 8のカメラは通常と望遠の2眼カメラでしたが、Xperia10Ⅱはなんと3眼カメラです。標準と望遠に加えて超広角カメラが加わりました。

もう1つのバッテリーもパワーアップしました。Xperia8は2,760mAhでしたが、Xperia10Ⅱは3,600mAhと大幅に容量が大きくなりました。これによりバッテリーの持ちが大幅に向上しました。

基本的な機能はもちろん、防水やFelicaなどももちろん搭載されていますから、カメラ機能や大容量のバッテリーを利用したいならおすすめしたいスマートフォンです。

取扱いのある格安スマホ:nuroモバイル

 回線
種類
データデータ
+SMS
データ
+音声
お試し
プラン
(0.2GB)
A500円650円1,200円
D300円450円1,000円
S500円-1,200円
Sプラン
(2GB)
A780円930円1,480円
D700円850円1,400円
S980円-1,680円
Mプラン
(7GB)
A2,100円2,250円2,800円
D1,500円1,650円2,200円
S2,100円-2,800円
Lプラン
(13GB)
A2,980円3,130円3,680円
D2,700円2,850円3,400円
S2,980円-3,680円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営している格安SIMです。nuroといえばnuro光という光回線インターネットが有名ですが、格安SIM会社のnuroモバイルも、徐々にユーザー数が増加しています。nuroモバイルの料金は、例えば音声通話SIMでデータ容量2GBですと、月額1,400円です。

nuroモバイルで他にはあまり見当たらない独自のサービスは、データ容量を、翌月に利用する予定の容量から前借りできるサービスがあります。翌月繰越ももちろんありますが、データ容量の前借りは他にはないサービスで、毎月利用するデータ容量が変わるならおすすめです。

まとめ:格安スマホでも国産の機種はたくさんある!

国産のスマートフォンをまとめました。国産のスマートフォンで抑えてほしいポイントは3点です。

  • 国産スマートフォンは、主にシャープとソニーの2社で製造されている
  • ミドルスペックだが必要十分な機能を兼ね備えている
  • 防水やFelicaなど日本国内で使いやすい機能を搭載

今回紹介した国産スマートフォンは、ミドルスペックのスマートフォンで、高くても50,000円程度で購入できます。スマートフォンの割引に制限がかかったこともあり、ミドルスペックのスマートフォンが人気です。ミドルスペックとはいえ数年間は利用可能です。

その中でも、防水機能やおサイフケータイを利用するためのFelicaなど、日本で利用しやすい機能が搭載されていますから、日本国内で使いやすいスマートフォンを選ぶなら、ぜひ国産スマホも検討してください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル