格安SIMは、以前に比べて認知度が高まりました。今やテレビCMなど広告でもたくさん紹介されています。格安SIMの認知度が高まったことで、ドコモなど大手キャリアで契約している人でも「格安SIM」という言葉自体の認知度は高くなりました。

なぜ格安SIMが注目されているかというと、国が「携帯電話の料金が高い」と携帯料金にメスを入れたからです。総務省主導で携帯電話の料金の見直しを進めた結果、携帯電話会社を別会社に乗り換えるときの違約金が大幅に安くなりました。

ただ、格安SIMには興味があるけど、解約金がかかるからドコモから格安SIMに移行できないという人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ドコモユーザーが格安SIMに乗り換える時の違約金について紹介します。契約時期によっても違約金の料金が変わりますので、契約時期を分かりやすく解説します。

ドコモから格安SIMに乗り換える際の注意点

2020年10月1日以降に2年定期契約で加入した場合の違約金は1,000円(税抜)

違約金は、携帯電話会社と契約した時期が2019年10月1日以降か2019年9月30日以前かで違約金が大きく変わります。

「2019年10月1日以降」で「2年定期契約あり」で加入した場合、契約途中で別の携帯電話会社に移るときの違約金は1,000円(税抜)です。

なお、2年定額契約で契約した場合も、更新月(契約締結から2年毎)でしたら違約金はかかりません。

2020年10月1日以降に2年定期契約なしで加入した場合は解約金ゼロ

「2019年10月1日以降」で「2年定期契約なし」で加入した場合ですが、この場合は違約金ゼロ(0円)です。いつでも解約することができます。

2年定額契約は、2年契約する代わりに携帯料金を割引する契約ですから、2年定期契約していなければ、当然違約金は発生しません。

2020年10月1日以前に2年定期契約で加入した場合の違約金は9,500円(税抜)

「2019年10月1日以前」で「2年定期契約あり」で契約した場合、違約金は9,500円(税抜)です。ドコモで携帯電話を契約している人の大多数の人が締結している契約です。

2020年10月以前は、2年定期契約ありの割引額が大きかったため、少しでも携帯料金を安くしたい場合はこの契約にするのが一般的でしたが、格安SIMなら使い方によってはドコモの携帯料金の半額以下になりますから、違約金を払ってでも乗り換えた方がお得なケースも存在します。

2年契約の「更新月」が残り2、3カ月程度でしたら更新月に乗り換えることをお勧めします。更新月まで半年以上残っているのでしたら、「更新月」までドコモで利用した場合の携帯代金と、格安SIMに乗り換えた後の携帯代金+違約金9,500円を比較することをおすすめします。

MNP転出手数料としてドコモ側で2,000円(税抜)が発生する

ドコモから格安SIMなど別の携帯電話会社に乗り換える際、今利用している電話番号をそのまま次の携帯電話会社でも使いたい場合は、MNPで乗り換えることになります。

MNPをする場合は、違約金の他にMNP転出手数料として2,000円(税抜)が発生します。

ドコモに限らず、格安SIM会社を含むほとんどの携帯電話会社ではMNP転出手数料が発生しますので注意が必要です。

端末は手持ちスマホをそのまま使うか転入先の格安SIMでセット購入する

端末に関して、ドコモから格安SIMに乗り換える際は、ドコモで使っていたスマホをそのまま使うか転入先で購入する方法があります。

ドコモで使っていたスマホに不自由がないのでしたらそのまま使っても問題ありませんが、機種が古くて新しい機種がほしい場合は転入先で購入することをおすすめします。

格安SIMでドコモ回線以外を選ぶ場合は乗り換え前にSIMロック解除を行う

日本の格安SIM会社は、大手キャリアの回線を間借りして運用しています。そのため、ドコモ系の回線を提供している格安SIMでしたら特別な手続きをせずに利用できます。

ドコモ系の回線を扱っていない格安SIMに乗り換えるのでしたら、ドコモを解約する前にSIMロック解除を行う必要があります。

厳密にはドコモを解約した後でもSIMロック解除できますが、解約前に比べて手続きが複雑なため、SIMロック解除はドコモを解約する前に実施することをおすすめします。

@docomo.ne.jpのキャリアメールアドレスは使えなくなるためフリーメールを用意する

ドコモを解約した場合、「@docomo.ne.jp」のキャリアメールが使えなくなりますので、別のメールアドレスを準備する必要があります。

乗り換え先の格安SIM会社でもキャリアメールを扱っている場合がありますが、さらに別の格安SIMに乗り換える可能性を考えるとおすすめしません。

今はフリーメールでもサービス的には問題ありませんから、いつ、どの携帯会社でも利用可能なフリーメールを取得することをおすすめします。

ドコモから格安SIMへ乗り換える手順

ドコモの店頭・電話窓口・WebサイトでMNP予約番号を取得する

これから、MNPの流れを紹介します。まずはMNP予約番号を取得します。取得方法はドコモの店頭、電話窓口、Webサイトのいずれかの方法で取得します。

ドコモの店頭は、全国のドコモショップで、スタッフにMNP予約番号を発行したい旨を伝えます。

次に電話窓口ですが、ドコモインフォメーションセンターに電話し、音声ガイダンスに従って操作するとオペレーターに繋がります。オペレーターにMNP予約番号を発行することを伝え、予約番号が発行されます。

もうひとつの方法がWebサイトから取得する方法です。Webサイトは、ドコモで契約していが利用可能なMy docomoにログインして、MNP予約番号を取得します。

My docomoからMNP予約番号を取得する方法

  • My docomoでdアカウントのIDとパスワードでログイン
  • 「その他のお手続きはこちらから」をタップ(クリック)
  • 「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をタップ(クリック)
  • 「解約お手続き」をタップ(クリック)
  • 「携帯電話番号ポータビリティを予約する」と「受付確認メールの送信先」にチェックを入れ、「次へ」をタップ(クリック)
  • 「手続きを完了する」をタップ(クリック)
  • 画面に表示されるMNP予約番号と有効期限をメモする

格安SIMの公式サイトから申込みをする

ドコモからMNP予約番号を取得した後は、利用したい格安SIM会社から申し込みをします。格安SIMに申し込む時は、公式サイトから申し込みます。

申し込みの途中で「他社から乗り換え(MNP転入)」などを選択し、MNP予約番号を入力します。申し込みが終わりましたら、格安SIMのSIMカードが届くのを待ちます。

SIMカードが届いたらMNP転入手続きをする

SIMカードが届きましたら、MNP転入手続きを行います。大抵の格安SIM会社では、MNP受付窓口に電話する方法、格安SIMのホームページから手続きする方法、自動的に切り替わるのを待つ方法の3種類あります。

すぐに格安SIMに切り替えたい場合は、MNP受付窓口に電話するか、ホームページから手続きする方法を選択します。

自動的に切り替わるタイミングは、ドコモ回線の場合はSIMカードが届いてから3日後の午後になります。ドコモSIMカードを入れたスマホが突然使えなくなります。

SIMカードを入れ替えてAPN設定を行う

MNP転入手続きが終わりましたら、格安SIMのSIMカードをスマホに挿して、APN設定を行います。

APN設定はiPhoneとAndroidスマホで手続き方法が異なりますので、詳細は格安SIM会社のホームページなどを参照ください。

SIMロック解除不要!ドコモ回線があるおすすめの格安SIM

LINEモバイル

LINEモバイル

 

ドコモ回線を利用している格安SIMでしたら、SIMロック解除しなくても、今利用しているスマホをそのまま利用できます。その中でも一番おすすめの格安SIM会社は、LINEモバイルです。

LINEモバイルは、格安SIMの中でも分かりやすい料金体系で、他社と比較しても低価格で提供していますが、SNSを頻繁に利用する人でしたら、SNSフリーオプションを利用することで、今や生活になくてはならないLINEやTwitter、Facebook、Instagramがいつでも高速通信で利用できます。

スマホでSNS利用が多い方なら、一番おすすめできる格安SIMです。

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルは、動画や音楽などエンタメ系を頻繁に利用する人におすすめできる格安SIMです。BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというオプションサービスを提供しています。

エンタメフリー・オプションに加入することで、YouTubeやAbemaTV、U-NEXT、YouTube Kidsといった動画や、Google Play MusicやYouTube Music、Apple MusicやSpotifyといった音楽サービス、ラジオや電子書籍がいつでも高速通信で利用できます。

エンタメサービスの中でも動画は非常にデータ容量を消費しますから、移動中にいつでもYouTubeを見るなど、動画サービスが手放せない人でしたら非常におすすめです。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoはユーザー同士の繋がりが強く、使い方がわからない時などに掲示板などを使って気軽にユーザーに相談できます。格安SIMは料金が安い代わりに大手キャリアよりもサポートが弱い傾向にありますから、ユーザー同士で相談することで、サポートという弱い部分をフォローできます。

料金的には他社と比べて劣っていることはありませんし、パケット放題オプションなどの魅力的なオプションもあります。格安SIMを初めて利用するなど、手厚いサポートが必要でしたらおすすめです。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmio(みおふぉん)は古くから格安SIMサービスを提供している、いわば老舗の会社です。色々な格安SIM会社がありますが、安心して利用したいのでしたら、IIJmio(みおふぉん)がおすすめです。

IIJmioには、「ファミリーシェアプラン」というプランを提供しています。ファミリーシェアプランでは1契約で最大10枚のSIMカードが利用できます。複数のSIMカードでデータ容量などをシェアしていきます。

家族で格安SIMに乗り換えるケースや、1人でスマホ、タブレット、SIMカードが入るパソコンなど、複数台の端末を持っている場合などにおすすめです。

まとめ

ドコモから格安SIMに乗り換える場合の違約金や手続きについて紹介しました。乗り換えのポイントは3点です。

  • 違約金の料金は、契約プランと契約時期、更新時期の有無で変わる
  • 電話番号を変えずに格安SIMに乗り換える時はMNP予約番号を発行する必要がある
  • ドコモのメールアドレスを利用しているなら別のメールアドレスを準備しておく

スマホのヘビーユーザーでない限り、ドコモをそのまま利用するよりも格安SIMに乗り換えた方が断然お得です。

また、スマホもそのまま使えますし、使い勝手もほとんど変わりませんから、節約したいのでしたらすぐにでも格安SIMに乗り換えることをおすすめします。