格安SIMの種類は沢山ありますが、実際の普及率はどのくらいなのか気になると思います。

今回は格安SIMの普及率や、利用者の多い格安SIMの特徴についてご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

大手キャリアと格安SIMの普及率

大手キャリアは76.8%、格安SIMは14.0%

大手キャリアの普及率は76.8%に対して、格安SIMの普及率は14.0%となっています。Y!mobileも含めると20.3%とかなりの割合です。

格安SIMの普及率は、広告などの宣伝効果により毎年増え続けています。値段の安さという魅力もありますが、格安SIMならではのサービス内容も普及の大きな原因となっています。

ソフトバンクのサブブランドである「Y!mobile」は6.3%と高普及率を誇る

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileは格安SIMの中でも特に知名度が高く、ソフトバンクの高品質の回線を利用していることもあり普及率が6.3%と高普及率を誇ります。格安SIMに詳しくない方でも、Y!mobileという名前を一度は耳にしたことがあると思います。

Y!mobileは全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがあるため、直接店舗で店員さんに料金や特徴を聞くことも可能です。スマホに不慣れな方でも店舗があることで安心して利用できることも、高普及率に影響していると思います。

格安SIMを利用者数の多い順に紹介

【楽天モバイル:26.4%】楽天回線エリア内はデータ通信が使い放題

Rakuten UN-LIMIT
エリア
楽天回線
パートナー回線
プラン料金2,980円→一年無料
データ通信制限なし5GB/月
国内通話Rakuten Link利用で0円
SMSRakuten Link利用で0円

楽天モバイルの1番の特徴は、楽天回線エリア内ではデータ通信量が使い放題ということです。楽天回線エリアは広くエリア内に住んでいる場合、データ通信量が使い放題なのでとてもお得です。

楽天モバイルを利用する際に、楽天ポイントを貯めることも可能です。楽天モバイルの月額料金100円ごとに、1ポイントの楽天ポイントを貯めることができます。楽天市場でショッピングをする際には、楽天ポイントが+1倍になるので楽天市場を利用される方におすすめです。

【UQモバイル:11.8%】auのサブブランドで格安SIM業界では通信速度No.1

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

格安SIMの通信速度が遅いというイメージを持っている方もいると思いますが、UQモバイルは格安SIMの中で1番通信速度が速く問題なくスマホを利用できます。通信速度が遅い格安SIMの場合は、インターネットが混雑する時間帯に快適に利用できないことがあります。

UQモバイルならインターネットが繋がりにくい時間帯でも、読み込みが速くスマホを問題なく使用することが可能です。通信速度にこだわるなら、UQモバイルは特におすすめできます。

【mineo(マイネオ):11.0%】格安SIMユーザーの満足度ランキング1位

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは格安SIMの中でユーザー満足度が1番で、利用者数が多い格安SIMの1つです。mineoの満足度が高い理由は、シンプルな料金プランと「マイネ王」というコミュニティがあり、わからないことをユーザー同士で解決することもできるからです。

ソフトバンク・docomo・auの3回線を利用しているので、SIMロック解除の必要もなく大手キャリアからスムーズに乗り換えられることもメリットの1つです。提携店舗も全国に200店舗以上あるので、相談も気軽に行うことが可能です。

【OCNモバイルONE:7.6%】docomo回線通信品質 総合1位

OCNモバイルONE/OCN光
コース音声SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB/月1,180円--
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円

格安SIMの中にはdocomo回線を利用している会社が多数ありますが、OCNモバイルONEはdocomo回線通信品質が格安SIMの中で1番です。現在docomoでスマホを契約している方で、格安SIMに乗り換えを検討されている方にはピッタリな格安SIMです。

OCNモバイルONEの特徴として、端末のセット購入が安いということもあります。端末の種類も豊富なので、格安SIMに乗り換える際に端末もセットで購入したい方はお得にスマホを手に入れることができます。

【IIJmio(みおふぉん):6.2%】格安SIM業界の老舗で安定感がある

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioは格安SIM業界の老舗で、安定感があることからユーザーからも信頼されています。格安SIMでは珍しい、大手キャリアから回線を借りずに運営しているフルMVNOです。

IIJmioは新機種が出ると動作確認を早急に行い、動作確認の結果を公開するようにしています。大手キャリアで購入したスマホをそのまま使いたい場合は非常に安心ですね。

【BIGLOBEモバイル:6.1%】エンタメフリーでYouTubeなどが使い放題に

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというオプションがあります。エンタメフリー・オプションとは、月額料金を支払うことで対象サービスを利用する際にデータ通信量を消費しないという機能があります。

対象サービスは、YouTube, AbemaTV, U-NEXT, Apple Music, dマガジン, radikoなどです。エンタメフリー・オプションの対象サービスは動画や音楽だけでなく、ラジオや電子書籍などがあるので幅広いエンタメを満足に楽しめます。

動画の見過ぎによってデータ通信量が大量に消費され、通信制限に引っかかってしまったことがある方は多いと思います。動画の見過ぎが原因で通信制限に引っかかり悩んでいる方は、エンタメフリー・オプションを利用することで通信制限を回避できます。

【LINEモバイル:6.1%】LINE, Twitter, InstagramなどのSNSが使い放題

LINEモバイル

 

LINEモバイルには、データフリーという機能があります。データフリーは対象サービスを利用する際に、データ通信量を消費しないという特徴があります。データフリーの対象サービスは、LINE, Twitter, Facebook, Instagram, LINE MUSICです。

通信制限に引っかかった場合もデータフリーの対象サービスの通信速度が落ちることはないので、常に主要SNSを快適に利用することができます。通信制限に引っかかってしまうと連絡をスムーズに行えませんが、データフリーを利用することで連絡も問題なく行えます。

データフリーを利用することでデータ通信量を約30%も節約することができるので、節約できたデータ通信量を他のアプリなどに利用可能です。SNSを頻繁に使用している方にとって、LINEモバイルはおすすめの格安SIMです。

LINEのID検索が可能

LINEのID検索は遠くにいる友達や家族のLINEのIDが分かっているだけで、LINEの友達追加できる非常に便利な機能です。基本的に格安モバイルではLINEのID検索が行えなく、大手キャリアのようにはLINEを満足に利用することができません。

ID検索を行うためにはLINEの年齢認証が必要ですが、格安SIMでは年齢認証ができないためID検索も行えないのです。LINEモバイルはLINEの年齢認証が行えるので、LINEのID検索もすることができます。

LINEは日本に住んでいるほとんどの人が利用している連絡手段のなので、すべての機能を使用できた方が便利です。LINEモバイルならLINEも、大手キャリアと同じように満足に使用することができます。

【イオンモバイル:4.5%】プランが豊富なため利用環境に合わせて選びやすい

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルの特徴は豊富なプランがあることで、プランの数が全部で30種類もあります。月額料金は最安で480円(データ1GB)から9,280円(シェア音声50GB)まであり、自分に合ったプランを選ぶことができます。

音声通話かけほかけ放題プランもあり、日頃から通話を良くされる方にもピッタリなプランが用意されています。音声通話かけ放題プランは、「イオンでんわ10分かけ放題」と「050かけ放題」の2つがあります。

「イオンでんわ10分かけ放題」は、月額850円で10分以内の通話がかけ放題のプランです。「050かけ放題」は、月額1,500円で10分以上の長時間の通話がかけ放題のプランとなっています。2つのプランから、普段の通話時間に合わせたプランを選ぶことができます。

普段から通話時間が長い方は、通話料金が高くて困っていると思います。そのような方は、音声通話かけ放題プランを利用することで通話料金を節約することができます。

まとめ

今回は大手キャリアと格安SIM普及率や、格安SIMのそれぞれのサービス内容についてご紹介しました。ご紹介した格安SIMの特徴を参考にしていただき、あなたに合った格安SIMを選んでいただければ幸いです。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル