格安SIMの認知度がかなり上がってきて、大手キャリアから乗り換えてメインで使っている人も非常に増えた昨今。

それに比例して格安SIMのキャリア数も増えているため、ユーザーとしては選択肢が多いのは嬉しいですがあまり多すぎてもどれを選んだらいいか迷ってしまいます。

しかし、どうせならなるべくお得に購入したいですよね。

そこで今回は、スマホ端末セットとキャンペーンがお得な格安SIMについてご紹介していきます!

※各キャリアのキャンペーンは時期によって変わることがありますので、公式サイトの内容も必ず併せてご確認下さい

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

端末セットでの購入がお得な格安SIM

【BIGLOBEモバイル】端末セットで価格がおよそ半額になる大幅割引

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)

 

BIGLOBEモバイルはSIMとセットでスマホ端末を購入した場合の特典がかなり多いです。また、9月30日までは音声SIMのみの契約でも大幅な割引特典があります。

端末セット申し込みの特典内容

端末セット申し込みの特典内容

  • スマホセット端末料金 最大14,400円値引き
  • Gポイント 最大8000円相当還元
  • 初期費用3,394円が無料
  • エンタメフリーオプション3ヶ月無料
スマホセット端末料金値引き
端末名端末料金
タイプA
(au回線)
端末料金
タイプD
(ドコモ回線)
AQUOS sense2
SH-M08
毎月600割引

1,380円×24
780円×24
毎月450割引

1,380円×24
930円×24
ASUS ZenFone
Max Pro (M2)
毎月450割引

1,490円×24
1,040円×24
Motorola
moto g7
毎月450割引

1,280円×24
830円×24
ASUS ZenFone
Live (L1)
毎月450割引

700円×24
250円×24
HUAWEI
nova lite 3
毎月450割引

1,120円×24
670円×24
ASUS ZenFone
Max (M1)
毎月450割引

950円×24
500円×24
iPhone 7
32GB
毎月320割引

2,350円×24
2,030円×24
iPhone 7
128GB
毎月320割引

2,850円×24
2,530円×24

端末値引きはすべてのスマホが対象で、端末によって割引金額が変わります。上記表は、BIGLOBEモバイルで取り扱っている一部の端末の値引き前と値引き後の金額です。

例えばAQUOS sense2 SH-M08は通常価格が1,380円×24回=33,120円ですが、タイプAの音声SIMとセットだと割引が適用されて780円×24回=18,720円、およそ半額ということで大幅に安くなります。

その他のAndroid端末も半額近くに割引されるものが多く、iPhoneもセット割引の対象になっており、選択の幅が広いのはポイントが高いです。

Gポイント 最大8000円相当還元
対象端末申込翌月12ヶ月後
AQUOS sense2
SH-M08
3000G5000G
ASUS ZenFoneMax
Pro(M2)
3000G-
Motorola
moto g7
3000G-

対象端末を音声通話SIMとセットで申し込んだ場合にGポイントが最大8000円分還元されます。

GポイントはAmazonギフト券に交換できたり、Suica、nanaco、WAON、LINEポイントなど電子マネーに交換できたりするので、ほぼ現金同様に扱うことができます。

交換手数料が5%発生しますが、LINEポイントに交換すれば現金化することも可能です。

初期費用3,394円が無料

大手キャリアも格安SIMも、新規契約時にはかならず登録事務手数料が発生します。

しかし、キャンペーンを適用すると登録事務手数料3,000円+SIMカード発行手数料394円が無料になります。

格安SIMの月額料金は1,000円~2,000円とかが普通なので、3,394円となるとおよそ月額料金の2ヶ月分です。そう考えるとかなり大きい金額ですね。

エンタメフリーオプション3ヶ月無料

エンタメフリーは、YouTubeをはじめとした動画や音楽コンテンツが使い放題になるオプションです。

エンタメフリー・オプションの月額料金は音声SIMだと480円/月ですが、キャンペーンを適用すると3ヶ月間無料になります。

対象となるアプリは以下の通り。見てもらうと分かる通り、最近流行りのコンテンツはだいたい押さえられています。(対象アプリは時期によって変わる可能性があります)

YouTubeを見る場合は最高画質が360pに制限されますが、スマホで見る分には気にならないでしょう。

実際に画質の違いをキャプチャして比較してみましたが、パソコンで見てもストレスに感じるレベルではありません。

480円/月でデータ通信量を気にせず使えるというのは他の格安SIMにはなく、かなりコスパが高いオプションです。

SIMのみ申し込みの特典内容

SIMのみ申し込みの特典内容

  • 月額料金割引 18ヶ月割引
  • 初期費用3,394円が無料
  • エンタメフリーオプション3ヶ月無料
月額料金割引(SIMのみの場合)
通話SIM
初月
1~6ヶ月
7~18ヶ月
割引
合計
無料
1200円引
×6ヶ月
500円引
×12ヶ月
3GB1,600円
‭0円
1,600円
‭400円
1,600円
‭1,100円
‭14,800‬円
割引
6GB2,150円
‭0円
2,150円
‭950円
2,150円
‭1,650円
‭15,350‬円
割引
12GB3,400円
‭0円
3,400円
‭2,200円
3,400円
‭2,900円
‭16,600‬円
割引
20GB5,200円
‭0円
5,200円
‭4,000円
5,200円
‭4,700円
‭18,400‬円
割引
30GB7,450円
‭0円
7,450円
‭6,250円
7,450円
‭6,950円
‭20,650‬円
割引

SIMのみ契約で音声SIMを選択した場合に、月額料金割引特典が適用されます。特典内容は「月額料金料金初月無料」「1~6ヶ月目 1200円割引」「7~18ヶ月目 500円割引」です。

一番データ容量の小さい3GBでも合計14,800円割引、30GBの場合は合計合計20,650円割引と、他の格安SIMではあり得ない割引金額です。

初期費用無料とエンタメフリーオプション3ヶ月無料は、端末セットでの申し込みの特典と一緒です。

音声SIMの3GBなら、1年間たったの9,000円で使えるという破格っぷり。大手キャリアだと1ヶ月で7,000円~10,000円が普通のはあなたもよくご存知だと思いますので、いかに安いか分かりますね。

動画や音楽コンテンツを使う人はもちろん、音声SIM+端末で購入をする場合にはそれ以外の人でも他の格安SIMよりお得に使ってもらえるためお勧めです。

 

 

【UQモバイル】端末セットでなくても現金最大10,000円キャッシュバック

UQモバイルはauのサブブランドかつ、「WiMAX」という自社回線も提供している特殊な格安SIMのため、他の格安SIMと比べると通信速度が速いかつ安定しています。

その分、他の格安SIMと比べると月額料金が少し高めではありますが、「格安SIM=通信速度が心配」という人にとってはお勧めです。

特典内容

  • 現金最大10,000円キャッシュバック
  • マンスリー割(スマホ端末値引き)
  • 初期費用無料

現金最大10,000円キャッシュバック

こちらキャンペーンはプランによってキャッシュバック金額が変わります。

プランキャッシュバック
プランS
8,000円
プランM
9,000円
プランL
10,000円

プランSが月額料金1,980円なので、SIMのみでキャッシュバック8,000円でも月額料金の4ヶ月分に相当します。そう考えると、特典としてはかなり大きいですね。

キャッシュバックはクレジットカードでの申込み限定なので注意して下さい。

マンスリー割(スマホ端末値引き)

端末セットで加入した場合に、端末金額が割引になります。

例えばHUAWEI nova lite 3は端末価格が1,296円/月ですが、毎月の料金から端末価格と同額の1,296円/月が割引されるため、実質無料で使える計算です。

スマホによって割引金額は変わりますが、HUAWEI nova lite 3のように30,000円以上も割引になる機種もあるため、ちゃんと機種を選べばかなりお得に使えます。

ただ、端末割引は大手キャリアと同じ方式で安く感じさせる作りになっているだけであり、実際の月額料金を見ると他の格安SIMよりは多少高くなります。ここは通信速度とトレードオフなので使う人の好みですね。

初期費用無料

端末セットかつプランM、プランLで加入した場合、合計3,800円かかる初期費用(送料・SIM代金・代引手数料)がゼロになります。

プランMはデータ容量が最大9GB(2年間)で2,980円/月なので、大手キャリアで多くの人が利用しているデータ容量と一番近いプランです。

大手キャリアの場合は同じデータ容量でも7,000円以上はかかってしまうので、他の格安SIMと比べると少し高めとは言え、半額以下で済むと考えれば十分安いと言えます。

 

ただし、キャッシュバックと初期費用無料のキャンペーンは公式サイトからの申込みでは適用されません。

以下のキャンペーン専用ページから申し込みをした場合にのみ適用されますので、詳細をチェックする場合は注意して下さい。

 

 

【IIJmio】端末セットで一括価格が最安100円から

IIJmio(アイアイジェイミオ/みおふぉん)でも端末セットのキャンペーンを展開しています。

2万円以上の割引がされる機種もありますので、欲しいスマホがある場合には要チェックです。

特典内容

  • スマホ100円キャンペーン(スマホ端末値引き)
  • ギフト券最大10,000円分プレゼント
  • 毎月の利用料が1,300円×3ヶ月割引
  • 初期費用が1円に

スマホ100円キャンペーン(スマホ端末値引き)

一部の機種を対象に、音声SIMとセットで加入すると端末代金が値引きされます。

例えば、OPPO R15 Neo 3GBなら一括価格が24,800円→100円、24回分割価格が1,050円→5円と2万円以上の割引が受けられます。

ギフト券最大10,000円分プレゼント

スマホ100円キャンペーンの対象外のスマホでも、音声SIMとセット購入でAmazonなどのギフト券が最大10,000円もらえるキャンペーンが適用される機種があります。

ギフト券はAmazon以外にもEdy、nanaco、WebMoneyなどの電子マネーという形でも受け取れるので、利用できる範囲はかなり広いですね。

毎月の利用料が1,300円×3ヶ月割引

こちらはSIMのみの加入でも適用されるキャンペーンです。

もともとの月額料金が安いため、キャンペーンが適用されるとプランによっては1,000円以下という格安料金で使えます。

  • 初期費用が1円に
  • 音声SIMでの申込みの場合、初期費用3,000円が1円になります。

    ただし、家電量販店やAmazonなどで購入できるパッケージを使って加入する場合は対象外ですので注意して下さい。

     

    IIJmioは尖ったサービスがなく、料金なども格安SIMの中では平均的ですが、格安SIM業界でのシェア率がトップ3に入るほど高いため、安心感を求める人にはお勧めの格安SIMと言えるでしょう。

     

     

    【楽天モバイル】セット端末の割引金額が他社より大きい

    楽天モバイルは格安SIM業界でのシェア率がトップということもあってか、あまり多くの特典はありません。

    ただ、セット端末の割引は他社に比べると少し大きめなので、セット端末割引のキャンペーン中に購入すると良いでしょう。

    特典内容

    • スマホ割引キャンペーン

    スマホ割引キャンペーン

    音声SIMと端末セットで加入すると、一部機種の一括・分割代金が割引されます。

    BIGLOBEモバイルではHUAWEI P20 liteの割引後の価格が640円×24回でしたが、楽天モバイルは584円×24回と割引額は大きめ。

    楽天モバイルの価格やサービスは至って普通ですが、取扱機種はキャンペーン対象外のものも含めると全部で30種類とかなり豊富なため、欲しい機種で選ぶなら楽天モバイルはありだと思います。

     

     

    キャンペーンがお得な格安SIM

    【LINEモバイル】月額料金割引、セット端末割引、ポイント還元とキャンペーンが豊富

    スマホを使っている人なら知らない人はいないであろう「LINE」を提供しているLINE株式会社が運営している格安SIMです。

    2018年夏にはソフトバンクの子会社化するなど、格安SIMの中では特殊な動きを見せています。

    LINEモバイルはLINE, Twitter, Instagram, Facebookの4大SNSが使い放題というのが他の格安SIMにはない大きなメリットです。

    BIGLOBEモバイルのエンタメフリーはその名の通りエンタメ系コンテンツが使い放題でしたが、LINEモバイルはSNS系ということで対象コンテンツが違います。

    また、LINEモバイルの場合は使い放題はオプションではなく標準サービスです。追加のオプション料などが発生しないため、使い放題でも安く使用することができます。

    タイミングにもよりますが、キャンペーンでセット端末割引を行っていることもあります。

    キャンペーン内容

    • SNS使い放題 新・月300円キャンペーン(月額基本料割引)
    • 端末割引セール
    • LINEポイントプレゼント

    SNS使い放題 新・月300円キャンペーン

    月額基本料が割引になるキャンペーンです。

    キャンペーン対象となるのは音声SIMのみですが、1,390円×3ヶ月の割引なので合計4,170円分。そもそもの月額料金が安いので、けっこう割引額としては大きいです。

    LINE, Twitter, Instagram, Facebookが使い放題になるのはコミュニケーションフリープランで一番人気、データ容量は3GBを選択する人が多いようです。

    キャンペーン適用時の月額基本料
     本来の
    月額料金
    割引額3ヶ月間の
    月額料金
    LINEフリー
    1GB
    1,200円900円300円
    コミュニケーション
    フリー 3GB
    1,690円1,390円300円
    コミュニケーション
    フリー 5GB
    2,220円830円
    コミュニケーション
    フリー 7GB
    2,880円1,490円
    コミュニケーション
    フリー 10GB
    3,220円1,830円
    MUSIC+
    3GB
    2,390円1,000円
    MUSIC+
    5GB
    2,720円1,330円
    MUSIC+
    7GB
    3,280円1,890円
    MUSIC+
    10GB
    3,520円2,130円

    端末割引セール

    LINEモバイルでは常時セット端末の割引をやっているわけではありませんが、タイミングによってはセールを行っていることがあります。

    期間限定で比較的スパンが短いことが多いため、端末を安く購入したいのであればキャンペーンをこまめにチェックするようにした方が良いでしょう。

    LINEポイントプレゼント

    新規申込時に条件を満たすとLINEポイントがもらえるキャンペーンが開催されていることが多いです。

    ポイントは条件や時期により3,000~10,000ポイントと幅がありますが、過去に開催されたものだと他社から乗り換えで10,000ポイントが最大です。

    その他、新しい番号での申込みでも5,000ポイントなど条件が緩い場合もありますので、タイミングが合えばLINEポイントによる大幅還元を受けられます。

    LINEポイントはLINEモバイルの月額基本料の支払いに充てられる他、ポイント変換してLINE Payの口座に入れれば1ポイント=1円換算で現金化もできるため、LINEポイントプレゼントの恩恵はかなり大きいです。

     

     

    【QTモバイル】月額料金が1,260円×12回割引とかなりお得になる

    QTモバイルはドコモ回線(Dダイプ)、au回線(Aタイプ)、ソフトバンク回線(Sタイプ)の3種類がある数少ない格安SIMです。

    だいたいは1タイプ、多くても2タイプなため、もともと使っていた大手キャリアと同じ回線タイプがない場合はSIMロック解除をしなければなりません。

    3回線あれば対応する回線タイプを選べば(例えばドコモを使っていたならDタイプ)、何もせずとも届いたSIMカードを入れるだけで使うことができます。

    また、iPhoneシリーズの取り扱いがiPhone 8ということで、こちらも格安SIMの中では珍しくかなり新しいシリーズを購入できるのもポイント。

    他の格安SIMはiPhoneシリーズの取り扱いがあってもiPhone 6sやiPhone 7ということがほとんどなので、なるべく新しいiPhoneが欲しい場合はおすすめです。

    キャンペーン内容

    • ばり得キャンペーン(月額料金割引)
    • 学割キャンペーン(端末代金割引)

    ばり得キャンペーン

    通話SIM、およびデータSIMのデータ容量6GBのプラン料金が12ヶ月間2,250円/月→990円/月に割引されます。

    割引額で言うと1,260円×12回=15,120円でけっこうでかいです。大手キャリアだと7GBが標準かつデータ定額料だけで5,000円/月するので、6GBでこの金額は相当安いですね。

    学割キャンペーン

    学割というと大手キャリアでは月額料金の割引のためそちらをイメージするかもしれませんが、QTモバイルの学割はセット端末の金額割引です。

    例えばHUAWEI nova lite2は23,760円が12,000円になるため、24回分割だと500円/月。先程の6GBプラン(990円/月)と合わせてもわずか1,490円/月で使えます。

    学割キャンペーンはQTモバイルショップ限定でウェブ申し込みは対象外なので注意して下さい。

     

     

    【LIBMO】使用者が18歳以下の場合は学割で大幅に安くなる

    LIBMOは2017年にMVNO事業に参入した、格安SIM業界の中ではまだ若いキャリアです。

    知名度はまだまだ低いため、今後どんなキャンペーンをしてくれるか楽しみな格安SIMです。

    キャンペーン内容

    • LIBMO音声サポートプログラム(月額料金割引)
    • 学生応援プログラム(月額料金割引)
    • 端末アウトレットセール

    LIBMO音声サポートプログラム

    音声SIMを申し込んだ場合、月額利用料が600円×6回割引されます。

    すべてのデータ容量が対象になるため、3GBを選べばわずか980円/月で使えます。

    20GB, 30GBと大きいプランもあるため、利用環境に合わせて柔軟にデータ容量を切り替えられるのは便利ですね。

    学生応援プログラム

    LIBMOの学割は大手キャリアのように月額料金の割引です。

    対象となるプランは6GB, 10GB, 20GBプランの3つなので、それ以外のライト, 3GB, 30GBを選ぶ場合は音声サポートプログラムが適用されることになります。

    割引金額はプランによって変わりますが、20GBの場合だと1,000円×13回=13,000円の割引とかなり大きいです。

    使用者が18歳以下であれば学割が適用可能なので、お子さん向けにスマホを持たせたいという場合はかなり安く使えるのでおすすめです。

    端末アウトレットセール

    スマホの端末代金が割引になります。

    アウトレットということで割引対象のスマホが少し古めですが、とにかく安く使いたいので機種にこだわらない、学割と併せてお子さん向けに使わせるなどの場合には良いと思います。

     

    まとめ

    端末セットを販売している格安SIMとキャンペーンがお得な格安SIMについてご紹介しました。

    どの格安SIMの時期によってキャンペーンの内容が変わるので、お目当てのキャリアがあったらチェックを欠かさないようにしたいところです。

    BIGLOBEモバイルとLINEモバイルは他の格安SIMに比べて使い放題という尖ったメリットがあり、上手く活用すれば少ないデータ容量のプランでも快適に使えるのでおすすめです。

    ぜひこの記事を参考にしていただいてお得に格安SIMを利用してくださいね!

    LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

     

    最大16,720円割引キャンペーン中
     
     
     
     
    \今月のキャンペーン情報はこちら/
    LINEモバイル