格安SIMで海外データローミングは使える?

以前は携帯電話といえばドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでしたが、現在では、スマホ利用者の約20%が格安SIMを利用しており、月々の利用料金を安くしたうえで快適にスマホを利用している人がどんどん増えています。

そんな中、海外に留学する学生や海外旅行に行く人も増えています。その際のスマホの利用はどのようにしているのでしょうか?

国内で利用しているものはそのまま海外で利用できるのか疑問だったりしますよね。しかし、格安SIMの中には海外でもそのままスマホを利用できる会社があります。

今回は、海外で格安SIMを利用する「海外データローミング」ついて徹底解説していきます。格安SIMで「海外データローミング」を利用できる会社も一緒にご紹介していきます。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMでの海外データローミングについて

スマホ本体が海外データローミングに対応している必要がある

海外データローミングとは、海外滞在中に現地の通信事業者のネットワークを利用して、日本の通信設備と接続を行うことで、データ通信を行う仕組みのことを言います。

この海外データローミングを利用する場合、現在利用しているスマホが海外データローミングに対応している必要があります。

例えば、iPhoneシリーズは、iPhone5以降に登場したモデルはほとんど海外データローミングに対応しています。

Androidでも、HuaweiやOPPO、Galaxyシリーズ等海外メーカーや富士通やAQUOS等国内メーカーなど様々なメーカーのスマホが海外データローミングに対応しています。

もし、海外データローミングを利用することを検討する場合は、まずご自身が利用しているスマホが対応機種かどうかを確認してください。

海外データローミングができるのは基本的に音声通話SIMのみ

海外データローミングを利用できるのは音声通話SIMのみです。

大手キャリアの場合は、基本的に音声通話SIMです。しかし、格安SIMには音声通話SIM、データSIMのみの2種類が存在します。

そのため、データSIMを利用している方は海外で利用できないことがほとんどなので注意が必要です。

回線タイプが複数ある格安SIMはタイプによって使えないこともある

格安SIMは、基本的に大手キャリアの回線を間借りして運営を行っております。そのため、大手キャリアに比べると圧倒的に安く運営をすることができています。

格安SIMの回線タイプとは、どこの大手キャリアの回線を利用するかといことです。例えば、Y!mobileやUQモバイルは1つの回線しか提供をしていません。

しかし、LINEモバイルやmineoなどは大手キャリア3社すべての回線を利用できる格安SIMとして運営がされています。

そして、回線タイプによっては海外データローミングが利用できない場合があります。海外データローミングを利用したい方は、対応した回線タイプを選んで契約する必要があります。

海外データローミングの利用は事前登録が必要な場合がある

格安SIMの中には、海外データローミングを利用する場合は事前にオプション等を加入しなければならない場合があります。

例えば、楽天モバイルが提供しているRakuten UN-LIMIT等は海外データローミングが2GBまで無料で標準利用することができます。

しかし、LINEモバイルなどは海外データローミングのオプションにあらかじめ加入する必要があります。利用したい方は、事前に加入するようにしてください。

海外データローミングを使う際はスマホ上で設定が必要

海外データローミングを利用する場合には、スマホ本体に設定をする必要があります。これは、iPhoneもAndroidも共通で必要な設定です。

例えば、iPhoneでは、設定>モバイル通信>通信オプション>データローミングをオンにしておくことで利用することができます。

Androidは、機種にもよって異なることは多いですが、設定>ネットワークとインターネット>モバイルネットワーク>データローミングをオンにしておくと利用することができます。

海外でデータローミングを利用したい場合は事前にこの設定がされているかしっかりと確認をしてください。また、この設定がない機種は利用できない端末のため注意が必要です。

国際通話は国内通話と料金が異なり、着信も通話料がかかるため注意

国際通話は、国内通話と少し違い料金が変わってきます。国内通話は、20円/30秒で利用することができます。また、オプションに加入していれば特定の範囲内でかけ放題利用ができます。

国際通話は、発信する場合に発信地域によって料金が変動します。また、通話料金は契約した回線タイプによっても変わってきます。

着信の場合も国際通話は通話料金が発生してきます。もちろん通話時間に対して料金が上乗せされていきます。国際通話は発信するときも着信するときも料金に注意が必要です。

海外データローミングで通話・SMSが使える格安SIM

UQモバイル

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルは、auが運営をする格安SIMです。回線速度が格安SIM業界No.1であり、大手キャリアに引けを取らない速度を提供しています。

UQモバイルは2つのシンプルなプランから選択することができます。月額料金も1480円から利用することができます。

UQモバイルの国際ローミングは音声通話とSMSを利用することができます。利用中の端末が国際ローミングに対応している場合申し込み不要で利用することができます。

また、渡航先が国際ローミングの対応エリアである必要があります。UQモバイルの海外データローミングはデータ通信で利用することができないため注意が必要です。

Y!mobile

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileは、ソフトバンクが運営する格安SIMです。UQモバイルと同じく回線速度が業界トップクラスであり、大手キャリアと同じく回線速度を誇ります。

Y!mobileは、3つのプランから選択することができます。月額料金も1480円から利用することができます。また、10分間かけ放題が標準でついています。

Y!mobileの国際ローミングは、通話やSNS、データ通信が利用することができます。海外データローミングを利用する場合に別途申し込みが必要です。しかし、月額料金は無料で申し込みをすることができます。

申し込み方法については、専用の会員ページ「MY Y!mobile」から申し込みを行うことができます。対応機種についてもY!mobileの公式サイトよりチェックすることができます。

データ通信サービスは、従量課金制です。そのため、25MBまでは0円~51,199円、25MB以上は51,200円以上の料金が発生します。しかし、Y!mobileには海外パケットし放題が存在します。

海外パケットし放題に加入をすると、25MBまでの利用は、0~1,980円、25MB以上は2,980円で利用することができます。また、これは、1日における料金のため、数日渡航する予定がある場合は注意が必要です。

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルは、大手プロバイダのBIGLOBEが運営をしている格安SIMです。BIGLOBEモバイルは、固定回線とのセットや家族全員での加入で安く利用することができます。

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIMとデータSIM(SMSあり)データSIMのみの3種類のタイプがあります。また、16種類の契約プランから選択することができます。

BIGLOBEモバイルの国際ローミングは、音声通話とSMSのみで利用することができます。また、データ通信に関しては国内サービスのみのため利用できません。

国際ローミングを利用する場合には、事前に申し込みが必要です。申し込み後利用開始までには、1時間~1日程度発生するため、注意が必要です。

LINEモバイル(ドコモ回線のみ)

LINEモバイル

 

LINEモバイルは、ソフトバンクの子会社であるLINE株式会社が運営する格安SIMです。複数のSNSをデータフリーで料金できる特徴があります。

LINEモバイルは、音声通話SIMとデータSIM(SIMあり)の2種類のタイプがあります。8種類のプランから選択することが可能です。

また、LINEモバイルでは複数のSNSをデータフリーで利用することができるデータフリーオプションがあります。0円~480円の幅で利用することが可能です。

LINEモバイルは、ドコモ回線のみで国際ローミングを利用することができます。ソフトバンク回線やau回線もLINEモバイルにはありますが、国際ローミングを利用することはできません。

LINEモバイルの国際ローミングは、通話料とSMSを利用することができ、データに関しては利用することはできません。また、利用限度は税抜き50,000円までです。

LINEモバイルの国際ローミングは、オプションサービスのためマイページからの申し込みが必要です。しかし、料金は無料のため、申し込みが必要な方はぜひ申し込みをしてみてください。

まとめ:格安SIMでも海外データローミングは問題なく使える!

皆さんいかがでしたか?格安SIMであっても海外データローミングは十分利用することができます。また、格安SIMではなく、ポケットWi-Fiを契約して海外に持っていく方もいたりします。

現代では、スマホの普及はもちろんですが、学生でも留学や海外旅行をはじめ簡単に海外へ行くことができます。その時にスマホをどのように利用するのかぜひ考えてみてください。