以前は知る人ぞ知るという感じたった「格安SIM」ですが、いまやTVやインターネットCMなどでも見かけることが多くなり、格安SIMの認知度は以前と比べて格段にあがりました。

とはいえ、世間一般の「格安SIM」のイメージは、大手キャリアよりも「安く」「格安」でスマホが利用できる、程度のことしか知らず、契約プランなど詳細は知らない人が多いのも事実です。

そんな方が格安SIMを検討したときに、びっくりすることが多いのがデータ容量です。大手キャリアでは、今や20GB以上といった、1ヶ月で使い切れないほどの大容量プランが一番人気のプランですが、格安SIMでおすすめされる人気のプランは、データ容量が3GB~6GB程度です。データ容量は大手キャリアの数分の一しかありません。

そのため、格安SIMを契約した直後など、データ容量を意識せずにつかった挙げ句にデータ通信量の上限を超えてしまい、速度制限でスマホが使いものにならなくなった経験などはありませんか?

データ容量を使いすぎて毎月速度制限がかかるようであれば、使い放題がある格安SIMがおすすめです。格安SIMの使い放題は、ほとんどがオプションサービスとして提供されていて、基本料金+数百円程度でデータ通信が使い放題になります。

本記事では、格安SIMのデータ通信の様々な疑問について解説します。併せて、使い放題を提供している格安SIMの紹介や、おすすめポイントも合わせてお伝えしていきます。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMでデータ容量を超えたらどうなのるのか

契約プランのデータ容量を超えると速度制限で月末まで300kbpsになる

格安SIMに限らずですが、契約プランで利用可能なデータ容量を超えてしまうと、データ通信に速度制限がかかります。会社によって速度制限中の速度は変わりますが、格安SIMの場合は300kbpsになるところが多いです。

高速通信の時は最大150Mbpsで使えますが、速度制限がかかると一気に何千分の一まで通信速度が低下してしまいます。データ通信で速度制限がかかってストレスが溜まるという経験は、誰もが一度はしているのではないでしょうか。

速度制限後の対処法1:翌月になるまで我慢して使う

速度制限がかかった時の対処法は主に3つあります。まず1つ目の対処法は、遅い速度で我慢して利用する方法です。速度制限は翌月になれば解消されますから、翌月までの残り期間は、速度をあきらめて遅い通信速度で利用するしかありません。

遅い通信速度でも、LINEなどのメッセージアプリを使ったメッセージのやりとりや、テキスト中心のホームページくらいであれば使うことができます。ただし、動画や高画質の写真は諦めるしかありません。

速度制限後の対処法2:追加データ容量を購入する

遅い通信速度に我慢できない場合は、追加でデータ容量を購入します。データ容量は携帯電話会社によって異なりますが、おおむね100MBで150~300円、1GBなら1,000円程度です。

追加データ容量は、通常プランのデータ容量よりも割高ですので、追加でデータ容量を購入してしまうと、費用的には非常にもったいないです。毎月のように追加購入している場合は、プランを上げた方が確実に安く済みます。

速度制限後の対処法3:Wi-Fiに接続して使用する

最後の方法は、Wi-Fiを活用する方法です。家にWi-Fiがあるのであれば、動画や写真は家のWi-Fiを利用し、外出先ではメッセージアプリなど最小限利用するなど、工夫次第で速度制限の期間を乗り切ることができます。

もしも外出先で動画や写真などを見たい場合は、コンビニやファーストフード、カフェなど街中で利用可能な公共Wi-Fiを使う方法があります。ただし、公共Wi-Fiはセキュリティ的に不安がありますので、個人情報やクレジットカードなどが必要なサイトは利用しない方が無難です。

使い放題に対応している格安SIMを使うのがおすすめ

速度制限後の対処法を紹介しましたが、プランの見直しもおすすめです。毎月必ずデータ通信量を超えてしまうのであれば、使い放題に対応している格安SIMがおすすめです。

格安SIMの使い放題プランは主に2種類あります。1つ目は特定のアプリが使い放題となるプランで、もう1つは低速通信で使い放題となるプランです。どちらを選んでもデータ容量を使い放題なので、細かいことを気にせず使うことができてストレスがたまりません。

高速通信で特定のアプリが使い放題になる格安SIM

LINEモバイル:LINE, Twitter, Facebook, Instagramなどが使い放題

LINEモバイル

 

LINEモバイルの使い放題プランは、特定のアプリが使い放題になるプランです。LINEやTwitter、Facebook、InstagramというSNSが使い放題となる、データフリー(対象SNS使い放題)オプションを提供しています。

まず、LINEはどのプランで契約しても高速通信で使い放題です。それ以外のTwitterやFacebook、Instagramは、基本契約にオプションで契約することで使い放題となります。

データフリーオプションは、InstagramとLINE MUSICを頻繁に利用するかどうかで契約すべきオプションが変わります。

LINE、Twitter、Facebookを頻繁に利用する人向けにはSNSデータフリーオプションを、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICを頻繁に利用する人向けには、SNS音楽データフリーオプションがおすすめです。

BIGLOBEモバイル:YouTube, AbemaTV, U-NEXTなどが使い放題

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

YouTubeやAbemaTV、U-NEXTなどの動画をたくさん視聴する方には、BIGLOBEモバイルがおすすめです。BIGLOBEモバイルは、動画や音楽などがいつでも高速通信で楽しめる「エンタメフリー・オプション」を提供しています。

動画の対象サービスは、YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kidsです。音楽は、Google Play MusicやYouTube Music、Apple Music Spotify などが対象です。その他radikoなどのラジオサービスや、dマガジンなどの電子書籍も対象です。

電車や車の移動中に音楽や動画が手放せない方にもBIGLOBEモバイルはぴったりです。

低速通信で使い放題がある格安SIM

楽天モバイル:Rakuten UN-LIMITなら速度制限後も1Mbpsで使い放題

Rakuten UN-LIMIT
エリア
楽天回線
パートナー回線
プラン料金2,980円→一年無料
データ通信制限なし5GB/月
国内通話Rakuten Link利用で0円
SMSRakuten Link利用で0円

楽天モバイルの低速通信は1Mbpsで他の格安SIMと比べると速いため、低速通信と言ってもけっこう快適に使うことができます。体感的には、高速通信よりは少し遅い感じです。特定のアプリではなく、全般的にデータ通信を利用するのでしたら、検討の価値ありです。

第4のキャリアとしてスタートした楽天モバイルは、「Rakuten UN-LIMIT」というプランでサービスを展開しています。

Rakuten UN-LIMITの特徴は、楽天回線エリア内は高速回線が使い放題な上、楽天回線エリア以外では5GBまでは高速回線が使え、5GBを使い切っても1Mbpsで使い放題です。

1Mbpsはよほど通信量の多いコンテンツを使わない限り、体感的には高速通信とほとんど変わらない速度なため、実質使い放題といっても過言ではありません。

mineo(マイネオ):パケット放題オプションなら500kbpsで使い放題

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoではパケット通信オプションというオプションをつけることで、500kbpsで使い放題にすることができます。500kbpsの速度でHD画質の動画視聴は難しいですが、240~360p程度の画質の動画であればストレスなく楽しめます。

mineoのパケット放題オプションは、データSIM、音声通話SIMのどちらのプランでも契約することができるのも1つの特徴です。

UQモバイル:データ無制限プランなら500kbpsで使い放題(データSIMのみ)

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金
プランS
(3GB)
1,980円
プランM
(9GB)
2,980円
プランL
(14GB)
3.,980円
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)

UQモバイルはデータSIMのみですが、mineoと同じく500kbpsで使い放題のプランを提供しています。mineoとの違いは、オプションサービスではなくデータ無制限プランを選ぶ点です。

データSIMしか提供がないのは残念ですが、UQモバイルは他の格安SIM会社よりも通信が安定していますから、音声通話ができないタブレットやサブのスマホなど、メインではない端末で使うことをおすすめします。

まとめ

格安SIMで使い放題のあるプランについて紹介しました。格安SIMで使い放題を検討するときのポイントは3点です。

  • 格安SIMの使い放題プランは「特定アプリ」使い放題か「低速」使い放題の2種類
  • 特定アプリか低速使い放題かはあなたの使い方次第
  • 特定アプリの使い放題なら高速通信でストレスなし

データ通信の使い放題を検討する場合、あなたがスマートフォンでどんな使い方をしているかで選択する使い放題プランが変わります。

せっかく格安SIMで使い放題を選ぶのであれば、お得に使える使い放題を選び、節約&スマートフォンの満足度をあげていきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル