格安SIMを契約する際に、契約期間や解約金がいくらかかるのか気になると思います。

今回は音声通話SIMでも最低利用期間がない格安SIMの特徴や、各社の最低利用期間・違約金について詳しくご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMの最低利用期間・違約金について

2019年10月1日以前と以後の契約で最低利用期間や違約金が異なる

2019年10月1日以前と以降に契約した場合では、最低利用期間や違約金が異なります。例えばUQモバイルの場合、2019年10月1日以降に契約開始した場合の違約金が0円に対して、2019年9月30日以前に契約開始した場合は9,500円(税別)です。

最低利用期間も2019年10月1日以前と以後では違いがあるので、契約したタイミングによっては解約時の手数料に気を付ける必要があります。2019年10月1日以降の違約金については多くの格安SIMで0円で、中には1,000円や以前と同じく10,000円程度かかる会社もあります。

最低利用期間がない場合でも短期間でのMNP転出は手数料が余分にかかる会社もある

格安SIMの利用期間の縛りがない場合でも、短期間でMNP転出する場合、通常のMNP転出手数料(3,000円)よりも余分に手数料がかかる格安SIMもあります。MNPとは携帯電話会社を変更した際に、電話番号を変えることなく変更後の携帯電話会社のサービスを利用することができることです。

MNP転出をする場合は、いくら手数料がかかるのか知っておくことも重要です。格安SIM各社のホームページに詳しい手数料が記載してあるので、簡単に確認することが可能となっています。

音声通話SIMでも最低利用期間がない格安SIM(2019年10日1日以後契約)

UQモバイル:契約期間・違約金なし

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルには契約期間の縛りと、違約金はかかりません。MNP転出をする場合の手数料も通常通りです。(3,000円)

格安SIMの中で通信速度が特に速い

UQモバイルは格安SIMの中でも通信速度が速く、インターネットが繋がりにくい時間帯でも問題なくスマホを使用できます。通信速度が遅いと動画などは途中で止まり、連絡もスムーズに行えないことがあります。

スマホを使用する際に通信速度が遅いとスマホを満足に使えないので、ストレスを感じてしまう方もいると思います。UQモバイルなら通信速度に関して問題なく使えるので、無駄なストレスを感じることもありません。

Y!mobile:契約期間・違約金なし

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileはソフトバンクの高品質の回線を利用することができ、契約期間と違約金は発生しません。通信速度も速く安定している上、契約期間や違約金がないのは非常に嬉しいことです。MNP転出をする場合の手数料も通常通りです。(3,000円)

全国にワイモバイルショップが4,000店舗以上ある

格安SIMは実店舗を持たない会社が多く、実際に店舗へ行って購入を検討することができない場合があります。問い合わせをしたい場合にも、電話・メール・チャットなどでの対応となっています。

Y!mobileも全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがあり、実際に店舗へ行って商品について知ることができます。店員さんに直接相談して、サービス内容も聞けるので便利です。店舗がショッピングモールなどにあり、アクセスしやすいのもY!mobileの良さです。

mineo(マイネオ):契約期間・違約金なし

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは契約期間に縛りがなく、違約金が発生することもありません。MNP転出をする場合の手数料も通常通りです。(3,000円)

SIMロック解除なしで乗り換えられる

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、ドコモからドコモ以外の回線を利用している格安SIMに乗り換える場合はSIMロック解除が必要です。mineoはドコモ・ソフトバンク・auの3回線を利用しているので、大手キャリアから乗り換える際にSIMロック解除が不要となります。

mineoで使用可能な端末は500種類以上あるので、端末の選択肢も沢山あります。大手キャリアから格安SIMに乗り換えたい場合には、mineoなら非常にスムーズに乗り換えが可能で手間を省くことができます。

イオンモバイル:契約期間・違約金なし

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルは契約期間と違約金がないので、途中で解約する際も違約金を気にする必要がありません。MNP転出をする場合の手数料も通常通りです。(3,000円)

豊富な料金プランがある

イオンモバイルには、月額480円から9,280円までプランが30種類あります。プランが豊富なため、あなたの利用方法に合ったプランを選ぶことができます。特に通話を良くされる方向けの音声通話かけ放題プランは、日ごろから通話をする方におすすめです。

音声通話かけ放題には、10分以内の国内通話がかけ放題の「イオンでんわ10分かけ放題」と、10分以上の国内通話もかけ放題の「050かけ放題」があります。通話時間によってプランを選ぶことができ、電話代を多く支払っている方はプラン選択を上手くすることで節約できます。

プランが多いと迷ってしまう方もいると思いますが、イオンモバイルなら全国200店舗以上で販売・サポートが行われているので安心です。スマホに不慣れな方や格安SIMについて分からないことが多い方は、一度店舗で店員さんと相談すると良いでしょう。

違約金が発生するが安価な格安SIM(2019年10日1日以後契約)

LINEモバイル:最低利用期間なし、解約事務手数料1,000円

LINEモバイル

 

LINEモバイルでは最低利用期間はありませんが、利用期間に関わらず解約した場合には1,000円の解約事務手数料を支払う必要があります。MNP転出をする場合の手数料(3,000円)は別途発生します。

LINEなどの主要SNSが使い放題

LINEモバイルには、データフリーという機能があります。データフリーとは対象サービスを利用する際に、データ通信量を消費しないという特徴があります。対象サービスには、LINE, Twitter, Facebook, Instagram, LINE MUSICがあります。

万が一、通信制限に引っかかってしまった場合も、対象サービスの通信速度が落ちることはありません。データフリーを利用することで、データ通信量を約30%も節約することが可能です。節約できたデータ通信量は、他のアプリなどに利用することができます。

データ通信量がなくなってしまうと、SNSを使用する際に画像や動画などの読み込みが遅くなります。データフリーがあることによって、主要SNSをいつでも快適に利用することができます。

BIGLOBEモバイル:最低利用期間12ヶ月、解約事務手数料1,000円

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルの最低利用期間は12カ月で、サービス開始日を含む月の翌月から1年間が最低利用期間とされます。最低利用期間内に解約をすると、解約事務手数料として1,000円を支払う必要があります。

YouTubeなどの動画や音楽が楽しみ放題

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというオプションがあります。エンタメフリー・オプションの特徴は、対象サービスを利用する際にデータ通信量を消費しないということです。

エンタメフリー・オプションの対象サービスには、YouTube, AbemaTV, U-NEXT, Spotify, dマガジンなどがあります。動画や音楽だけでなく、電子書籍やラジオなど対象サービスの幅が広いです。今も対象サービスが多いですが、これからもサービスを拡大する予定です。

YouTubeなどの動画を視聴していると、すぐに通信制限に引っかかってしまいます。現在動画などの見過ぎで通信制限に引っかかり悩んでいる方は、エンタメフリー・オプションがあるBIGLOBEモバイルがおすすめです。

まとめ

今回は契約期間と違約金がない格安SIMや、違約金が発生するが違約金が安い格安SIMのそれぞれの特徴ついてご紹介しました。2019年10月1日以前と以後の契約で最低利用期間や違約金が異なるので、違約金などを間違えないように注意する必要があります。

これから格安SIMの契約を検討されている方は、格安SIM選びの際に参考にしていただければ幸いです。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル