海外で流行っているキャッシュレス決済ですが、日本でも2019年10月の消費税率10%になったタイミングで、キャッシュレス消費者還元事業をスタートさせ、キャッシュレス決済を利用した時は、利用金額を還元するキャンペーンを行っています。

キャッシュレス決済は知っているが、何を準備したら良いの?や、キャッシュレス設定の設定などに手間がかかりそうで面倒など、どうやったらキャッシュレス決済ができるかが分からないことが理由でキャッシュレス決済できない人も多いのではないでしょうか。

スマートフォンでSNSアプリのLINEを利用している方でしたら、それだけでLINE Payというキャッシュレス決済ができます。そこで、本記事では、キャッシュレス決済の中でもすぐに利用可能なLINE Payの使い方、チャージ方法やオートチャージ方法を紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINE Payについて

LINE Payとはスマホ決済アプリ

LINE Payを紹介します。LINE Payは、LINEが提供するスマホ決済サービスです。LINEを利用している方なら、わずか数分の登録で利用可能です。実際に利用するには、後払い式(クレジットカードなど)ではなく、LINE Payにお金をチャージする前払い式で利用できます。

後払い式が基本のクレジットカードが苦手な方も、先にLINE Payにチャージしておくので安心して利用できるキャッシュレス決済方式がLINE Payです。

LINE Payの初期登録方法は以下の通りです。

LINE Payの登録方法

  1. LINEアプリを開き、「ウォレット」というアイコンをタップします。
  2. 登録をしていない場合は、「LINE Payをはじめる」を選択します。
  3. LINE Payの利用規約が表示されますので、規約に同意します。
  4. その後、LINE Payを利用するためのパスワードを設定すれば登録完了です。

LINE Payのチャージ方法

銀行口座からLINE Payにチャージする方法

銀行口座からチャージするためには、銀行口座の登録が必要です。銀行口座の登録方法を紹介します。

銀行口座の登録方法とチャージ方法

  1. LINEアプリを開き、「ウォレット」アイコンをタップします。
  2. 右上の+ボタンをタップすると、メニューが表示されますので、「銀行口座」をタップします。
  3. 利用したい銀行をタップし(各銀行のホームページに移動)、口座番号や暗証番号など、銀行ごとに定められた情報を入力します。
  4. ウォレットのメニューに戻り、「銀行口座」をタップします。
  5. 登録した(利用したい)銀行口座を選択し、チャージ金額を入力します。
  6. 「チャージ」をタップした後、初期登録時に設定したパスワードを入力すれば設定完了です。

セブン銀行ATMでLINE Payにチャージする方法

セブン銀行ATMでLINE Payチャージをするには、スマホ側でQRコードを表示させる必要があります。

セブン銀行でチャージする方法

  1. LINEアプリを開き、「ウォレット」アイコンをタップします。
  2. 右上の+ボタンをタップするとメニューが表示されますので、「セブン銀行ATM」をタップします。
  3. 「次へ」をタップすることで、LINE Pay用のQRコードリーダーが表示されます。
  4. セブン銀行ATMにて「スマートフォンでの取引」を選びます。
  5. ATMにQRコードが表示されますので、スマホに表示されているLINE Pay用のQRコードリーダーで読み込みます。
  6. QRコードを読み込みむと、スマホ側に4桁の番号が表示されます。
  7. 4桁の番号が表示されたら、セブン銀行ATMで「次へ」をタップします。
  8. 正しい4桁の数字を入力すると、LINE Payのチャージに関する内容が表示されますので、「次へ」をタッチします。
  9. チャージしたい金額分の現金を、セブン銀行ATMに入れます。
  10. 金額が表示されますので、問題なければ「確認」をタッチします。領収書の有無を選択すれば終了です。

コンビニでLINE Payにチャージする方法

ファミリーマートのFamiポートなら、コンビニでチャージが可能です。

コンビニでチャージする方法

  1. LINEアプリを開き、「ウォレット」アイコンをタップします。
  2. 右上の+ボタンをタップすると、メニューが表示されますので、「コンビニ」をタップします。
  3. 利用規約が表示された場合は「確認」をタップします。
  4. 利用規約を確認した後は、チャージしたい金額を登録し、「チャージ」をタップすると、「受付番号」と「予約番号」が表示されます。
  5. ファミリーマートのFamiポートで「代金支払い、コンビニお支払い」を選び、「イーコンテクスト」を選択します。
  6. 「番号入力画面に進む」を選び、LINE Payに表示されている「受付番号」を登録後、「予約番号」を入力してOKを選びます。
  7. 内容を確認して問題なければもう一度「OK」をタップします。
  8. Famiポートからレシートが発行されますので、30分以内にレジで支払いをすればチャージされます。

LINE Payのオートチャージ設定方法

LINE Payのオートチャージには本人確認が必要

LINE Payのオートチャージは、設定した金額を下回った時に、自動的に銀行口座から自動でチャージされる機能です。LINE Payを頻繁に利用する方なら設定しておいて損はない機能です。

オートチャージするためには、本人確認が必要となりますが、銀行口座登録を先に行っておくことで本人確認の代わりになります。本人確認が面倒な場合は、先に銀行口座の登録をおすすめします。

LINE Payのオートチャージには銀行口座の登録が必要

LINEのオートチャージは残念ながらクレジットカードに対応しておらず、銀行口座からしかオートチャージできません。オートチャージを設定するのでしたら、本人確認も兼ね、銀行口座を登録しておくことをおすすめします。

オートチャージの金額と条件を決定する

オートチャージの設定方法について解説します。

LINE Payのオートチャージ方法

  • LINEアプリを開き、「ウォレット」アイコンをタップします。
  • 右上の+ボタンをタップすると、メニューが表示されますので、「オートチャージ」をタップします。
  • 「オートチャージ」のチェックをONにすると、銀行口座が表示されます。
  • 銀行口座を複数登録している場合は、オートチャージで利用する銀行口座を選択します。
  • 銀行口座を選択した後は、オートチャージの条件とオートチャージ金額を設定します。
  • 金額と条件を設定すれば、LINE Payで自動的にチャージされます

オートチャージの条件は、LINE Payの残高が〇〇円より低くなったときに設定します。オートチャージ金額は、条件に合致した際にいくらチャージするかです。

LINEモバイルならLINE Payカードで支払い可能

LINEモバイルの新規申し込みでLINE Pay残高5,000円相当プレゼント

LINEモバイル

 

もしも格安SIMを検討していて、クレジットカードをお持ちでないなら、LINEモバイルがおすすめです。LINEモバイルの支払い方法はクレジットカードに加えて、LINE Payカードで支払いでき、LINE Payカード払いを利用することで、LINE Payの残高払いが可能です。

LINEモバイルの特徴は、格安SIM会社の中でも料金が業界最安クラスです。また、SNSフリーというオプションがあり、LINEやTwitter、InstagramやFacebookなどのSNSなら、データ通信を高速で使い放題というサービスを提供しています。

また、期間限定で、LINE Pay残高5,000円相当をプレゼントしています。LINE Payは現金と同じように使えますから、実質的なキャッシュバックキャンペーンのようなものです。このキャンペーンの終了日は未定ですが、突然終わってしまう可能性もありますので、LINEモバイルを検討するなら早めに契約することをおすすめします。

まとめ

LINE Payの利用方法やオートチャージについて紹介しました。LINE Payの特徴は3点です。

  • LINEを利用している方ならわずか数秒でLINE Payが使える
  • チャージは先払い式を採用しているためクレジットカードがなくても利用可能
  • 銀行口座を登録することで便利なオートチャージが利用できる

面倒な登録をしなくても、LINEさえ使っていればすぐに使えます。先払い方式ですから気づいたら使いすぎていた、ということにもなりません。銀行口座を登録すれば、もっと便利に使えます。

LINE Payで支払うだけでキャッシュレス還元されますし、キャッシュレス決済に慣れると現金で支払うのが面倒になる人もいるくらいですから、LINE Payを使いこなすことで、お得に節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル