【格安SIM】電話番号そのままでauから乗り換えるには?

2019年の携帯電話の契約者数がNTT Docomoに次ぎ、2位のKDDIグループですが、その中でも大手キャリアのauは、テレビCM「三太郎シリーズ」などでも有名な携帯電話会社です。

そんな有名な携帯電話会社のauは、大手キャリアということで、どうしても携帯電話の月額料金が格安SIMに比べて高くなってしまっています。

大手キャリアauから別の携帯電話に乗り変えるために必要な手続きや注意点、auから乗り換えにおすすめしたい格安SIMを紹介します。

auから別の携帯電話会社に乗り換えるにあたり、どのような手続きが必要か分からない、別の格安SIMが気になるけど、本当に乗り換えた方が得か分からない場合は、本記事を参考にしてください。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

auから格安SIMに電話番号そのままで乗り換える際の注意点

auのメールアドレスは使えなくなるためフリーメールを用意する

auなど大手キャリアでは、キャリアメールという、無料のメールアドレスを発行しています。auの場合は、ドメインが「@au.com」もしくは「@ezweb.ne.jp」というメールアドレスが利用できます。このメールアドレスはそのキャリアを利用している人のみが使えるメールアドレスです。

そのため、auから格安SIMに乗り換える場合は、auが発行しているメールアドレスが使えなくなりますから、今後もメールアドレスを利用するのでしたら、新しいメールアドレスを用意する必要があります。幸いにも、今ではフリーメールでも使いやすいメールがありますので、いくつか紹介いたします。

有名なフリーメールは、Googleが発行している「@gmail.com」というGmailや、Yahooが発行している「@yahoo.co.jp」のヤフーメール、Appleが発行している「@icloud.com」というiCloudメールなどです。

もしもauのキャリアメールで会員登録しているサイトがあるのでしたら、auを解約する前にフリーメールを作成し、情報を変更しておく必要があります。

auポイントは解約前に消費するか解約後も使えるように手続きしておく

auのポイントサービス「au WALLETポイント」ですが、毎月携帯料金の利用料金を支払うなど、いつの間にか溜まっていることがあります。そんなau WALLETポイントを使わずに解約してしまうともったいないですから、解約する前に消費してしまうか、解約後も使えるように手続きしておくことをおすすめします。

一番簡単な方法はauを解約する前に消費してしまうことです。携帯電話料金をクレジットカードで払っているのでしたら、クレジットカードの請求額に充当することです。それ以外の方法でしたら、携帯電話のアクセサリーや、au PAYマーケット(ネットショッピング)で使うのがおすすめです。

auポイントを解約後も使えるようにするには、au WALLETプリペイドカードへのチャージが必要です。au WALLETプリペイドカードを持っていない場合は、auショップやauサイト、アプリなどから申し込めば、au WALLETプリペイドカードが発行されます。

au WALLETプリペイドカードは、チャージ式のプリペイドカードで、Mastercard加盟店で使えるクレジットカードと同じように決済できます。チャージ方法は、クレジットカードやコンビニ(ローソン)、au WALLETチャージカードなどがあります。

かけ放題はオプションとして分かれている格安SIMが多いため注意

auのオプション契約などで定額通話かけ放題を契約している場合は、注意が必要です。格安SIMの場合、かけ放題はオプションで提供していることが多く、オプション契約を一緒に契約しないとかけ放題が利用できません。また、格安SIM会社によっては、オプションサービスを提供していないこともあります。

格安SIMでかけ放題オプションを契約する場合、サービスの主流は〇〇分までかけ放題のサービスです。そのため、格安SIMでも国内通話24時間かけ放題を利用したい場合は、オプションサービスを提供している格安SIM会社を探す必要があります。

現在のスマホをそのまま使いたい場合は動作確認済み端末をチェックしておく

もし、auで利用していたスマートフォンを格安SIM会社で利用したい場合は、ご利用いただいているスマートフォンでも動作に問題ないか確認する必要があります。たいていの格安SIM会社では、ホームページ上に動作確認済み端末の情報を掲載していますから、そちらからチェックします。

格安SIMのドコモ回線、ソフトバンク回線を選ぶ場合はSIMロック解除が必要

スマートフォンが動作確認済み端末とわかった後は、使用できる回線を確認します。格安SIMへ乗り換える場合は、au回線が利用できるかを確認する必要があります。

格安SIM会社では、自社で回線を持っておらず、大手キャリア(Docomo、au、SoftBank)の回線を間借りして利用しています。間借りしている回線は格安SIM会社によって異なります。ある会社はDocomo、au、SoftBankのトリプルキャリアが利用可能でも、別の会社ではDocomoしか利用できないことがあります。

もし、乗り換え先の格安SIM会社でau回線を取り扱っていないのでしたら、auを解約する前に、乗り換え後に使いたいスマートフォンのSIMロックを解除しておく必要があります。

auスマートフォンのSIMロック解除は、パソコン・スマートフォン(インターネット利用)、もしくはauショップで解除できます。SIMロック解除にはデメリットがありませんし、パソコン・スマートフォンからでしたら手数料無料で解除できますから、おすすめはパソコン・スマートフォンからのSIMロック解除です。

auから格安SIMに電話番号そのままで乗り換える手順を解説

auの店頭・電話窓口・ウェブサイトでMNP予約番号を取得

auから格安SIMに、電話番号そのままで乗り換えるための手順を紹介します。今回は、モデルケースとして、auからUQモバイルに乗り換えるという手続きで勧めます。auからUQモバイルに乗り換える手続きは、大きく分けて3ステップあります。まずはMNP予約番号の取得です。

MNP予約番号の取得方法は3通りあります。auショップ、電話窓口、ウェブサイト(EZweb)です。どの方法で手続きをしても、auから格安SIMに乗り換えた時にはMNP転出手数料が発生します。

auショップでは店員さんに、電話窓口ではコールセンターのオペレーターさんに手続きをお願いすることになりますから、人と話すのが煩わしいと感じるのでしたらウェブサイト経由でMNP予約番号を発行することをおすすめします。

MNP予約番号には有効期限があります。有効期限中に手続きが完了しないと、電話番号の乗り換えができません。乗り換え先の格安SIM会社には、有効期限が○○日以上で手続きするなど条件がありますから、MNP予約番号は、新しい格安SIMに乗り換える手続きをする日に取得することをおすすめします。

格安SIMの公式サイトから申し込みをする

MNP予約番号を入手しましたら、次のステップは申し込みです。基本的にはインターネット経由で申し込みをしますから、UQモバイルの場合も、公式サイトから申し込みをします。UQモバイルの場合、申し込み手続きに必要なものがいくつかあります。

UQモバイルでしたら、MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、本人確認書類、メールアドレスの4つです。UQモバイルを契約する場合、本人名義のクレジットカードがないと契約できませんので注意が必要です。

本人確認書類は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの写真付きのものです。健康保険証の場合は、写真がついていませんので、住民票や公共料金領収証などが必要になります。

最後にメールアドレスです。auで発行されたメールアドレスは使えません。そのため、前述した通り、フリーメールで良いのでメールアドレスを作成しておく必要があります。

申し込みが終わったら、UQモバイルからSIMカードが発送されますので、SIMカードがお手元に届くまで待ちます。なお、UQモバイルからSIMカードが届くまでは、au回線を利用できます。

SIMカードを入れ替えてMNP転入手続き、APN設定をする

最後のステップは、MNP転入手続き(回線切替)とAPN設定です。UQモバイルからSIMカードが届いたら、MNP転入手続きを行います。

手続きは、my UQ mobileという専用ページにアクセスし、回線切替という手続きをします。MNP転入手続きをしなかった場合は、出荷日+7日間で自動的に手続きが完了します。

MNP回線手続きが終わりましたら、スマートフォンのAPN設定を行います。設定手順はiPhoneかAndroidスマートフォンかで変わります。

iPhone8 以降のiPhoneでAPN設定する方法

  1. iPhoneの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードを差し込み、電源を入れる
  3. 画面の指示に従って手続きを進める(途中でApple IDとパスワードを入力します)
  4. プロファイルをインストールする
AndroidスマートフォンでAPN設定する方法

  1. Androidスマートフォンの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードを差し込み、電源を入れる
  3. SIMロック解除コードを入力
  4. 利用しているスマートフォンでAPN設定

APN設定が終われば、UQモバイル回線でスマートフォンが利用できます。

au回線で通信速度が速いおすすめ格安SIM

UQモバイル:格安SIM通信速度調査で4年連続1位

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

auから格安SIMに乗り換えるなら、はじめに検討してほしい会社がUQモバイルです。UQモバイルは、格安SIMの中でも通信速度が安定して早い格安SIMです。格安SIMのデメリットで挙げられることの1つに「大手キャリアよりも通信速度が安定しない」が挙げられますが、UQモバイルでしたらほとんどありません。

UQモバイルの通信速度は、なんといっても格安SIM通信速度調査で4年連続1位という実績があります。通信速度が安定している理由は、UQモバイルがauのサブブランドだからです。UQモバイルは、簡単に言うと、au回線という自社回線を、価格を下げて提供しているのです。

au回線で使い放題があるおすすめ格安SIM

LINEモバイル:データフリーで主要SNSが使い放題

LINEモバイル

 

サブブランド系のUQモバイルよりも安い料金で格安SIMを利用したいのでしたら、おすすめはLINEモバイルです。LINEモバイルは、格安SIMの中でも料金が最安クラスの格安SIMです。もう1つの特徴が、SNSデータフリー・オプションサービスです。

SNSデータフリー・オプションサービスとは、LINEやTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSなら、高速回線で使い放題というサービスです。SNSサービスは、今や日常になくてはならない存在と言っても過言ではありませんが、実はビデオ通話や写真、動画などデータ容量を大量に消費するサービスです。

格安SIMで利用できるデータ容量は、3GBや6GBが一般的ですが、動画やビデオ通話などを行ってしまうとすぐにデータ通信の速度制限がかかってしまいますから、SNSをたくさん利用するのでしたら、SNSデータフリー・オプションは必須といえるサービスです。

LINEモバイルはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3種類があるため、auから乗り換えをするのであればau回線を選択しましょう。

まとめ:電話番号そのままでauから格安SIMへの乗り換えは簡単!

格安SIMへの乗り換えは難しそうというイメージを持っている人が多いと思いますが、意外と簡単なことがおわかりいただけたと思います。

大手キャリアと違ってすべての手続を自分でしなければいけませんが、申し込みは画面の手順に沿って行うだけですし、SIMカード到着後の設定も詳細な説明が書かれた冊子が同梱されているため、困ることは少ないでしょう。

auでの料金が高く、少しでも携帯料金を安いと考えているのであれば、ぜひとも当記事を参考に乗り換えをしてみてください。

 

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル