LINEモバイルは、主要SNSを使い放題のプランや月額料金600円から契約できるプランもあるので人気がる格安SIMです。

今回は、LINEモバイルへの申し込み方法や、使用する端末についてご紹介します。大手キャリアから格安SIMへ乗り換えを考えられている方は、LINEモバイルには沢山の特徴があるので参考にしていただければと思います。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIM・格安スマホをLINEメインかつ最安で使いたいならLINEモバイルが最適

LINEモバイルはすべてのプランでLINEが使い放題

LINEモバイルには3つのプランが用意されていますが、すべてのプランでLINEを使用する際に通信量を消費しない、つまり使い放題となっています。LINEのどのような機能が使い放題なのか、お伝えしたいと思います。

使い放題になるのは、トークや音声メッセージ、通話(ビデオ通話も含む)、スタンプ・画像・動画の送受信、タイムライムの閲覧や投稿、LINEウェブサイト、友達追加などが使い放題となっています。

LINEはほとんどの日本国民が利用しているので、そのLINEを快適に利用できるので非常に魅力的です。

月額600円の最安プランはベーシックプランの500MBでデータSIMの場合

LINEモバイルには、月額600円の最安プランがあり、データSIM(SMS付き)でデータ容量は500MBです。LINEデータフリーも月額0円で利用可能で、LINEを利用する際のデータ通信量がゼロとなります。

月額600円の最安プランは、お子様にスマホを持たせたい方やLINEを使用して家族と常に連絡を取れる状態にしたい方におすすめのプランです。

プランによってはLINE以外にもTwitter, Facebook, Instagramなどが使い放題

LINEモバイルのデータフリーとは、先ほどからお話しているLINEのようにデータ通信量を消費せず使い放題になる機能のことです。

プランによっては、LINE以外のTwitter, Facebook, Instagram, LINE MUSICなどのアプリを使用する場合にも使い放題になります。

万が一通信量を使い切った場合でも、対象サービスは速度制限の影響を受けず高速通信のまま使うことができます。。データフリーがあるおかげでSNSをいつでも快適に利用可能なため、非常に便利です。

格安SIM・格安スマホで使用する端末について

余っているスマホをそのまま使用すれば料金を最安にできる

スマホが自宅に余っている方もいると思いますが、そのような方はそのままスマホを使用すれば支払金額を最安にできます。大手キャリアではスマホを機種変更した際に、スマホ本体の代金も月額料金と一緒に組み込まれるため支払い額が高くなります。

LINEモバイルの場合は、現在使用しているスマホをそのまま利用することで、月額料金がプランの料金のみの支払いで良くなります。大手キャリアで新しくスマホを契約することに比べると、大幅に支払い額を減らすことが可能です。

手持ちのスマホを使う場合は申込前に必ず動作確認済み端末のチェックをしよう

現在手持ちのスマホを使用したい場合には、申し込みをする前に動作確認済み端末のチェックをする必要があります。LINEモバイル公式サイトの動作確認済み端末検索から、LINEモバイルによって動作が確認されている大手キャリアやSIMフリーのスマホを検索することができます。

「キーワードから探す」という箇所にメーカー名または端末名を入力すると、動作確認済み端末のチェックをすることが可能です。非常に簡単なので、少しでも気になっている方は一度試してみてください。

>> LINEモバイルの動作確認済み端末はこちら

移転元キャリアとLINEモバイルで同じ回線種類を選ぶようにしよう

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える際に、移転元お回線を同じ回線を選ぶようにすることをおすすめします。

LINEモバイルは、ドコモ・ソフトバンク・auの3回線を利用しているので、現在どの大手キャリアで契約していてもSIMロック解除をせずともそのまま使用することができます。

例えば、現在ドコモを使っていてスマホをそのまま使うのであればLINEモバイルのドコモ回線を、ソフトバンクを使っているならLINEモバイルのソフトバンク回線を選ぶということです。

エリアによって電波の良し悪しものもあるため、できるだけ現在使用している回線で問題なければそのままの回線を選ぶ方が良いでしょう。

新しいスマホが欲しい場合は申込時にセット購入できる

現在使用しているスマホではなく、LINEモバイルに乗り換える際にスマホも新しくしたい方もいると思います。LINEモバイルには、スマホもセット購入ができるだけでなく機種も沢山あるので、お好みのスマホが見つかるはずです。

>> LINEモバイルの販売端末一覧はこちら

LINEモバイルに申し込んで使えるようになるまでの流れ

LINEモバイルの申し込みに必要なものを準備する

LINEモバイルを契約する際には、必要となるものがあります。申し込みをしようすとしても、必要なものが不足している場合申し込みができないので注意が必要です。

LINEモバイルの申し込みに必要なものは4つあり、下記で1つ1つについてお伝えします。

1.本人確認書類

運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証と補助書類、パスポート(日本在住)と補助書類、在留カードと補助書類、住民基本台帳カード、住民票、公共料金の領収書、身体障碍障害者手帳などが本人確認書類として認められています。

2.支払方法

LINEモバイルの支払い方法は3通りあり、クレジットカード、LINE Pay,LINE Payカードで支払いが可能です。口座振替には対応していないため、この3つのうちどれかが必要です。

クレジットカードを持っていない、使いたくないなどの場合は、無料で発行できるLINE Payカードを使えば擬似的に口座振替ができるため便利です。

3.メールアドレス

現在ドコモ・ソフトバンク・auで契約したスマホを利用されている方は、LINEモバイルに乗り換えた際にキャリアメール(@docomo.ne.jp)などが使えるか心配ではないでしょうか?

LINEモバイルに乗り換えると、キャリアメールは使用ができません。LINEモバイルに申し込む場合に、メールアドレスを登録しなくてはいけません。GmailやYahooメールなどのフリーメールを登録しておくと良いです。

4.MNP予約番号(乗り換えの場合のみ)

MNP予約番号については、他社からLINEモバイルへ乗り換えをされる方には必須のものです。電話番号を変更すると、家族や友人に再度伝える必要があり大変ですよね。申し込みの際に、電話番号を引き継ぐと便利です。

LINEモバイルの公式サイトから申し込む

LINEモバイルに申し込む方法は家電量販店などの店舗からも可能ですが、LINEモバイルの公式サイトからも申し込みができます。外出する必要がなく、家で申し込みを終えることが可能です。

LINEモバイルの公式サイトから申し込む手順

  • LINEモバイル公式サイトを開く
  • 画面右上の「申し込む」をクリックする
  • 「通信内容の取扱いに関する注意点」を確認して問題が無ければ同意して進む
  • プランが表示されるので希望のプランを選択する
  • お客様情報を入力する
  • 本人確認書類を提出する
  • 支払い方法が表示されるので選択する
  • ログインIDとパスワードを決めて進めると申し込み完了

SIMカードが届いたらAPN設定をする

APN設定とは、スマホにインターネットの接続先を認識させるために必要な設定のことです。iPhoneとandroidで設定方法が異なるので、設定をする前に設定方法をしっかりと確認する必要があります。

androidのスマホを申し込み時に一緒に購入した場合は、APN設定がすでに行われている状態で届くのでAPN設定の作業が不要になります。

まとめ

今回は、LINEモバイルの概要や申し込む前の注意点についてご紹介しました。LINEモバイルの大きな特徴として、すべてのプランでLINEが使い放題ということもお伝えしました。

これからLINEモバイルを申し込む方は、必要なものを再度確認していただき格安SIM選びの参考にしてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル