格安SIMには3日間制限があり、3日間制限がない格安SIMを契約したいという方も多いのではないでしょうか?

今回は、3日間制限の概要や、3日間制限がない格安SIMについてご紹介します。これから格安SIMを契約しようと検討されている方は、是非参考にしていただければ幸いです。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMの3日間制限について

3日間のデータ通信量が一定量を超えると速度が制限される

格安SIMには、データ容量が余っていても制限がかかることがあります。例えば3日間で5GBを超えると、通信速度に制限がかかってしまうものがあります。

なぜ3日間の制限があるのかと言うと、格安SIMはデータ通信量を大手キャリアから借りているからです。大手キャリアのように自社回線を持たずに運営をしているため、通信回線は大手キャリアに比べると強くありません。

1人あたりのユーザーが使用可能なデータ容量を制限なく使えるようにしてしまうと回線が混雑する恐れがあるため、上記のようにデータ通信量に制限がかかっているのです。

契約データ容量(ギガ数)を消費した場合の低速通信と3日間制限は別物

1ヶ月ごとの契約データ容量を消費した場合は、全てデータ容量を使い切った瞬間に低速通信に切り替わります。3日間制限は契約しているデータ容量を使い切らなくても、3日間で定められているデータ容量を消費した場合に速度制限がかかります。

契約データ容量を消費した場合の低速通信と、3日間で定められたデータ容量を使い切ってしまう場合に速度制限がかかることは別物です。良く間違われやすいので、一緒にしないように気を付けましょう。

3日間制限がない格安SIMを紹介

LINEモバイル(データフリーは注意が必要な場合も)

LINEモバイル

 

LINEモバイルには、3日間制限がありません。そのため契約しているデータ容量を使い切るまで、低速通信になることはありません。

LINEモバイルには、データフリーという機能があります。データは主要SNSを利用する際に、データ容量を消費しないというサービスです。

ただし、データフリーでも使い過ぎてしまうと速度制限に引っかかる場合があります。どれだけ使ったら制限がかかるかという具体的な数字は公表されていません。

とは言え、データフリーが原因で速度制限に引っかかることは滅多になく、異常な使い方をした時にのみ速度制限に引っかかってしまうというものです。そのためデータフリーでSNSを利用する際は、通常の使い方をすれば特に問題はありません。

LINEモバイルの特徴:主要SNSを使い放題

LINEモバイルには、データフリーという機能があります。データフリーは、LINE・Twitter・Facebook・Instagramなど対象サービスを利用する際に、データ通信量を消費しない機能です。

万が一データ容量を使い切ってしまった場合も、データフリー対象のサービスの通信速度が落ちることはありません。そのため主要SNSを常に快適に使用できるので、普段SNSを利用されている方にはおすすめです。

データフリーによって、データ通信量を約30%節約できます。30%節約できたデータ通信量は、他のアプリなどに利用可能なので便利です。

 

BIGLOBEモバイル(タイプDのみ)

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルには、タイプA(au回線)とタイプD(ドコモ回線)の2種類があります。タイプAは他の格安SIMと同様に3日間の制限があり、6GBをデータ容量が超えると通信制限に引っかかってしまいます。しかしタイプDは、3日間の速度制限がありません。

短期間で速度制限にかかるという心配をしたくない方は、タイプDで契約されると3日間制限がないのでおすすめです。

BIGLOBEの特徴:Youtubeなど楽しみ放題

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというサービスがあります。エンタメフリー・オプション対象サービスは、YouTube・AbemaTV・U-NEXT・Spotifyなどとなっています。

対象サービスについては、どれだけデータ通信量を使っても制限がないので使い放題です。現在テレビ離れが多くなっている中で、このようなサービスは多くの方に人気があります。

動画の見過ぎが原因でデータ通信制限に引っかかってしまう方も多いと思いますので、そのような方にはエンタメフリー・オプションはピッタリです。

 

mineo(Dプラン、Sプランのみ)

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineo(マイネオ)は、ソフトバンク・au・ドコモの3回線からタイプを選ぶことができます。au回線を利用しているAタイプには、3日間制限があります。他の2つのDタイプ(ドコモ回線)とSタイプ(ソフトバンク回線)には3日間制限がありません。

タイプAは3日間で6GBのデータ容量を超えると速度制限が行われます。

mineoの特徴:SIMロック解除必要なし

mineoは、ソフトバンク・au・ドコモの3回線を利用しているので、SIMロック解除をすることなく現在使用されているスマホで乗り換えすることができます。他の格安SIMは、3回線利用している会社が少ないのでSIMロック解除が必要な場合が多いです。

また、mineoは500種類以上の端末の動作確認をしていて、正常に使用できることを確認しています。そのため、スマホの機種の選択肢も沢山可能となっています。

 

楽天モバイル

スーパーホーダイ(ドコモ回線)
10分かけ放題×回数無制限付き
最低
利用
期間
プランS
(2GB)
プランM
(6GB)
プランL
(14GB)
プランLL
(24GB)
3年1,480円2,480円4,480円5,480円
2年1,980円2,980円4,980円5,980円
1年2,480円3,480円5,480円6,480円
組み合わせプラン
プラン
通話SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
ベーシック
プラン
1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

楽天モバイルは2017年3月1日から、3日間制限を撤廃しています。そのため楽天モバイルの全てのプランで、3日間制限が設定されていない状態です。

楽天モバイルの特徴:店舗で相談できる

格安SIMは、店舗を持たない会社が多いです。店舗がないのでお問い合わせは、メールまたは電話での対応というパターンがほとんどです。実際に顔を合わせて相談するのと、メールや電話では全く安心感が異なります。

楽天楽天モバイルは、全国に多数店舗を出店しています。いざ相談したい時には、実際に店舗へ行き店員さんと顔を合わせて相談ができます。格安SIMについて詳しくない方は、一度店舗で店員さんのお話を伺うのもおすすめです。

 

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE/OCN光
コース音声SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
110MB/日1,600円1,020円900円
170MB/日2,080円1,500円1,380円
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円
500kbps
(15GB/月)
2,500円1,920円1,800円

OCNモバイルONEには、全てのプランにおいて3日間制限がありません。しかし1日間制限があり、例えば110MB/日コースで170MBを使い切ると低速通信に切り替わります。

他にも170MB/日コース・3GB/月コース・5GB/月コースがあり、それぞれデータ容量を使い切ると低速通信に切り替わるというものです。

OCNモバイルONEの特徴:通話プランが珍しい

OCNモバイルONEには、頻繁に電話をする3人の通話料金を無料にするというプランがあります。最近ではアプリから電話をする人が増えていますが、中には家族や友人がアプリ慣れ親しんでいなく電話を利用している方もいると思います。

電話を利用する際の、通話料金で悩まれている方におすすめの格安SIMです。また、通話相手が3人未満で良く電話をすることが多い方にも合っています。

 

ロケットモバイル(神プランのみ)

プラン
音声SIM
データSIM
D
A
D
A
S
神プラン
(200kbps)
948円1,068円298円398円398円
1GB1,250円1,380円590円700円790円
2GB1,300円-690円--
3GB1,400円1,470円840円840円-
5GB1,800円1,950円1,200円1,330円-
7GB2,400円2,560円1,850円 1,770円 -
20GB4,670円4,580円3,950円3,950円4,100円
D=ドコモ回線 A=au回線 S=ソフトバンク回線

ロケットモバイルは神プランに関しては3日制限がありませんが、他のプランには3日間制限があります。神プラン以外のプランの3日間制限は、プランによって3日間制限のデータ容量設定が異なります。

ロケットモバイルの特徴:ポイントを貯めて支払いに利用できる

ロケットモバイルには、「ロケモバポイント」があり1ポイント1円で毎月の支払いなどに使用できます。ロケモバポイントは、アプリのインストールやアンケートに答えることで貯めることができます。

コツコツと作業を行える方は、ロケモバポイントを貯めて月額料金を安くすることが可能です。

 

まとめ

今回は、契約したデータ容量を消費した場合の低速通信と3日間制限が異なることや、3日間制限のない格安SIMのそれぞれの特徴に関してについてご紹介しました。各格安SIMによって、3日間制限について違った設定がされていることをご理解いただけたと思います。

あなた合う格安SIMがきっと見つかるので、この記事を参考に格安SIM選びをしてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル